猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する1人では味わえないもの

ちょっと大きくなったわたし

次女の大学で合唱のコンサートを聞いてきました。

まずは学生さんの指揮による”十字架上のキリストの最後の言葉”という曲。
・・・とにかく難しい。世界観が・・・大人でも難しい。
・・・のによく音を覚えた、よくハモった(;´∀`)それだけで頑張れた!

つぎ学外指揮者による”光と風をつれて”という工藤直子さんの詩6曲あつめた曲集
これは、歌詞がそてもすてきで、うん、なんともいえないいい感じ。
この曲集の最後の”はじまり”という曲はとくに思い出深いものがあります。
      (上記クリックで音源が聴けます)

長女が中学時代の合唱コンクールでこの曲の指揮者となり、
四苦八苦しながらクラスメートをまとめ、結局合唱コンククールで最優秀賞になったのです。
我が子というより、あのクラスの子達の変化に、とても感慨深いものがありました。

なぜかって、当時、我が家でクラスメート40名近くが歌の練習をしていたから。
それも、旦那が合唱団のかつて指揮者、私がパートリーダーで、
多少、合唱へのアドバイスができたからという理由。(担任の先生の口添えもあり…(^_^;))

中学生たちは、音取りも耳でして、リズム感もよく、歌詞がどうのこうのというより、
音のフィーリングで本当にパンチの有る響きを作り出せていました。
けれど、練習では喧嘩したり、けなしたり、やる気が無かったり
とても一つのことに向かう状況ではなかったです。

なのに、コンクール当日の真剣な顔つき、集中力・・・、パンチの良さ。ウルウルきました。

さて、今日の合唱は?
フィーリング的には中学生の合唱のほうがなぜかハートがありました♥
ハーモニーのきれいさでは断然次女の合唱団が上ですが・・・。ざんねんー。

最後のステージは浅井敬壹指揮”みやこわすれ”という組曲
初めて聞きましたが、とてもきれいなメロディーに自然を慈しむ繊細な歌詞。感動的でした。


そんなことを思いながら最後のアンコールは”大地讃頌”をお客さんも交え会場全体で熱唱。
                 (上記クリックで音源が聞けます)
学生時代ってなにしろ、いいな~\(^o^)/


みんなで、一つのことに向かい、それが山あり谷ありの道ですごく悪路で、
でも、なんとかゴールについたとき、

出来栄えではなく、みんなで一緒にここまでこれた、その道のりを共に歩めたこと自体が嬉しい・・・。

私の大学時代に一番苦しく、そして楽しかったことです。

これって、1人では絶対に味わえないものね、宝物だね。


個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→



スポンサーサイト

テーマ:音楽
ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

この記事のみを表示する今なら!

小さい頃のわたし

母親が退院しました。  おめでとう!(^o^)!

昨日の母は、小学生でした。
いつもいつも誰かから追いかけられて逃げ回っていたらしく、
ベッドの上はオムツから下着からパジャマからグチャグチャにつっこまれた
ビニール袋であふれていました。

「今日はどこにいくの?」と私。
「あんたさー、あの人が怖いで、逃げんとイカンよ!はよ隠れて!」と母。

母は小さい時に父親から怒られるのが怖くて5歳年上の姉とお宮さんに逃げ隠れていたそうです。

どうしてにげるの?
「とにかく捕まるとひどい目にあうから・・・」

相当、父親がこわかったのでしょう。(実際はどうだったのかは定かではありません?)

私は母の父親には会ったことはありますが、ほとんど覚えていません。(おじいちゃんなのにね・・・)

いつも長いあごひげをさわって、なんとも言えず甘えるスキもなく近寄りがたかったな。

母の弟さんも、小さな頃の私にはとても遠い存在でした。
何でもできて頭が良くて、いいところに働いていて、話しづらそうなイメージでした。(実際はいい人ですよ)

近寄りがたいといえば、
生徒会役員さん、学級委員さん、声の大きい人。
結局、私はちょっと威厳があり、何かがよく出来る人、
何かに成功したような人
ハキハキものが言えるリーダーさん的人

そんな人達に小さな頃から気後れしていたようです。
それは、なんだかわからないけれど、自分とは全くかけ離れた別世界の人だから。

あんな人たちと私を比較したら、自分がみじめでなくなってしまいそうで、怖かったのです。

本当に、怖がりやさんだったんですね。
それに、だいだい自分と比較する必要もないのに
勝手にイメージだけふくらませて妄想して・・・。なんと陰気な性格(;´∀`)

今の私だったら、きっと聞けるでしょう。言えるでしょう。

「なんで、そんなにできるの?」「なんでそんなに近寄りがたいの?」「こわすぎる!」
「いつも人の上にいて疲れない?」

でも、小さな頃にそれができたら、ひょっとして、今の私はいなかったかもね。

いろいろな立場に立ってみて初めて見えることもある。
まあそれも意味があるのですね。



個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→


web拍手 by FC2

この記事のみを表示するイケメン施術師さん

わたしの和むこと

私は毎週一回整体に通っています。

そこは、友人から勧められました。

もともと看護婦時代に腰痛で接骨院通いをしており、
何度となくぎっくり腰をして、ある日鏡の前の自分の姿にびっくり。

なんと、腰が片方にずれて、まっすぐに立っていない。

股関節や膝までも痛みだしていました。

で、その整体にいくと、紹介で初回はお安くしていただけ、ルンルン。

理学整体というやつで、痛いことはなくて、ただただ筋肉を元の位置に戻すよう
脱力した体勢で筋を弾いて緩ませてくれるのです。
左右のバランスをかんがえて・・・。

ここでは整体後20分眠ります。
そうすることで、筋があるべき状態を覚えていくとか。

私は超お得意様なので、
施術20分のところ40分位はしてもらい、寝るのも20分のところ
私だけ1時間・・・いやもっとかも・・・。
爆睡させてくれます。時おりイビキかくしね(^_^;)

おばさん力は、自分でも笑えるけど・・・、人の目きにせずにいい感じだね。

ここは私のお気に入りの時間です。

誰のことも気にせず、
私のために、私が心いくまで・・・。

そうそう、
施術師はイケメンで爽やか若いおじさん。

これもまたいいので〜す。

いつもありがとうございます。やうち健康院さん。


テーマ:心と身体の健康と運動・武術・武道
ジャンル:心と身体

web拍手 by FC2

この記事のみを表示する学ぶこと

ちょっと大きくなったわたし

私の大学はちょっと変わっていて、
国立の専門学校から大学化した医療短期大学部でした。

当時、大学化してまもなくで、2期生として入学しました。

そこは、医療関係の学部が3学部あり、私はその中の看護学部でした。

現在は短期大学部ではなく医学部のなかの看護学科となっています。
(昔は短期大学部で3年制でしたが、今は大学の学科となり4年制になりました。)


そんなちょっと変わった学校。
私は教室が3つしか無い無味乾燥な学舎(国立大学付属小学校の跡地をそのまま利用)
で大学生らしい生活とは程遠い、毎日を送りました。

本当は、ひろ~い芝生のあるキャンパスでまったりダベリングしたかったなー。
なのでわが娘たちの洗練された環境の大学が、とってもうらやましいです。
(で・・・ちょくちょく娘の大学に遊びに行っては若返っていますが・・・)


看護学科に入ったのは、
当時、親から国立大学しかダメと言われていて、受験に失敗してそこしか入るところがなかったから。


それでも行ける大学があることは嬉しい事でした。

勉強の内容も、
最初、看護学はちっともつまんなかったのですが、
実習に入ったら患者さんとのふれあいがとても楽しかったのを覚えています。

そういえば、
アメリカのミルクを飲んでオシッコする赤ちゃん人形(本当に赤ちゃんと同じ3㎏の重さなのです)やら
静脈注射練習用の腕の模型(血管に見事注射針がはいると液体がでてくる・・・)やら、
導尿用(オシッコの管を入れること)練習模型やら心肺蘇生用の人形やら
今思えばものすごくグロテスクな高価な道具がたくさんありました。


看護技術に関しては実習が少なすぎてほとんどなんにもできずに卒業となってしまいましたが
人の苦痛をどうしたら緩和してあげられるのか。
患者さんのありのままを伝えるにはどんな記録がいいのか、申し送りがいいのか・・・本当によく勉強しました。


目の前の人になんとか応えていきたいという思いが学ぶという行動にかりたてていたのでしょう。


てんこ盛りの分厚い教科書。
毎日1限から5限までの授業、おまけに3年生は実習にその記録。
遊ぶ隙なしの大学生活。

巷からは、ださい学生No1と噂されてたっけ。

そんな大学生活、今思えばとても貴重だったかも。
だって、怠け者の私が初めて自ら学ぶことを知った場だから・・・。





テーマ:なんとなく書きたいこと。。
ジャンル:日記

web拍手 by FC2

この記事のみを表示するまなゆいって感じること?

まなゆいに出会って

昨日はまなゆいのインストラクター講座受講仲間と自主勉強会をしました。

本番のセミナーを想定しての各パーツごと担当者がデモ実習します。

セミナーなので初めての方にわかりやすいように
   どんな話し方がいいか。
   どんな図がいいか。
   どんな事例紹介がいいか。
   どんな目線?
   声のトーンは?

具体的にドンドンと感想のシェアもされて、本当に生きた勉強会でした。
そして、仲間がいることがほんとに嬉しく思いました。

そして、まなゆいの奥深さ、シンプルさがますますクローズアップされてきました。

私たちインストラクターは
こんなすばらしいまなゆいをそのまんま周りの方に届けるにはどうしたらいいのかしら?

まずは自分が気負わずにまなゆいさん(クライエントさんのことをそう呼びます)の言葉を感じとる。

心をからっぽにして、そのまんまで、まなゆいさんの魂をキャッチする。

・・・・なかなかそのままで、気負わず、が難しいものです。
今流行のありのままがキーワード。
(そうだ~、アナと雪の女王を見てなかったなー。今度見てみよ−っと。)

ありのままでいてもいい関係、場所、時間をいかに作っていけれるか。

まさしく感じることなのかもなあ〜。

まなゆいは、特に身体をもんだり、触ったりもせず、
ただただ、まなゆいさんのお話に耳を傾けていくだけで、
どの方もご自分らしい素敵なことばが口からついてでてきます。

自分でじぶんの心の声に気がつかれるのです。

これってすごいことです。

誰にも依存しないし、いつでもどこでも自分で立ち直れます。

こんなツール、みんな欲しかったーはずー。

興味のある方は下記のコメントフォームにその旨を書いてお知らせください。

6月29日東京恵比寿にてまなゆい1dayセミナーがあります。
こちらにも是非ご参加を。

ホヤホヤの若くて?素敵で個性豊かなインストラクター研修生も
ワクワクしてみなさんをお待ちしています。



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

web拍手 by FC2

この記事のみを表示する独創的な料理?

わたしのあれこれ

次女がまだ赤ちゃんだった頃、
離乳食をたべだしたら、ほっぺが真っ赤になってしまい、ジクジクしてきました。

これはアトピー?まだ、ほんの小さい4〜5ヶ月ころ。
食べるものだって野菜にほんのちょっとのタンパク質。・・・豆腐と白身の魚くらい。

そうなんですよ~、大豆製品にどうやら反応しているらしい・・・。

医者の診断もまだ小さすぎてつかなくて、
自己流で3大アレルゲンの牛肉・乳製品、鶏肉・卵、大豆・大豆製品を大まかに除去しだしました。
(当時は私はなんと小児科のアレルギー担当の看護婦をしていたのでした・・・(=^・^=))

母乳だったので、私も除去しだしました。
鶏と牛はまだしも大豆製品って本当にたくさんあり、なんと大変なことか・・・。

そして、私がカレーとかシチューとか添加物いっぱいのものを食べたあとは
次女のほっぺは真っ赤っかということも多々。
添加物をなるべく使わないように調理するようになりました。

ブイヨンは使わずに、カツオか昆布だし。
カレーに至ってはカレー粉に昆布だしにあとはコクをだすのに野菜のすりおろしやら
隠し味にチョコレート。チョコがないときは甘みにハチミツなんぞをいれていました。
(ハチミツはとってもブ~でした(;・∀・))

味噌汁は大豆ではなく麦みそにしたり、すまし汁はほとんど出しと塩あじだったり。

ハンバーグには豚肉がほんの少しにあれやこれやでごまかして野菜がてんこもりにはいりました。

そのせいで、うちの子どもたちはしばらく、ハンバーグやら肉団子が大嫌い。
野菜のグニャ〜食感にくわえ味付けも薄くて・・・とても美味しくない・・・。

スープもキャベツと人参と大根と牛蒡と玉葱をベースに毎日塩味の昆布だし。
繊維たっぷり、アレルギー対応で身体によくても誰もおかわりしてくれません。

ホントに料理の才能なし・・・。

ですが、ある先生に出会いました。

近所のおばちゃんで、当時、生協の惣菜を開発したりしていて、ちょうど若い人向けの
料理教室を開くと、チラシが入ったのです。

即、申し込みました。

それからと言うもの、毎月の料理教室でならったレシピどおりに復習すると、
家族は大喜び。

なにが変わったのでしょうか?


一つの料理に、あれもこれもとてんこ盛りに食材を突っ込まなくなった。
それと、ちゃんとレシピを見るようになった。・・・当たり前のことでした〜(;´∀`)

私の料理は家族から別名、男料理と称されます。

大雑把で、ふつうの作り方と違うことも多々。
作る過程はとても人には見せられません。

それでも
ちょっとましに料理がつくれるようになったころ、
近所の先生は仕事が忙しくなって料理教室ができなくなり、2年ほどで終了。

「あなたはね、独創性があるけれど、同じことが繰り返せないのよね・・・。
でも、まあそれもありね〜」

確かに、ずぼし〜です。先生(;´∀`)。

いま、旦那と2人、独創的な、二度と作れない料理を楽しんでいます。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

web拍手 by FC2

この記事のみを表示する旦那からのサプライズ

わたしの大事なひとたち

昨日のことです。

いつものように母の病院にいって母が眠るまで相手をして帰宅し、
旦那と久々に自宅で手料理を食べたあとのこと。

旦那が
「これ聞いてくれる?」
と一枚のCDをとりだしてきました。

今、旦那はZip FMのアナウンスの講座?を受けていて、
ほんの短いトークの収録を終えてきたところだとかで、
自分のトークを聞かせてくれました。

私と母のことを語ってくれていました。
母と私のつじつまの合わないたわいもないおしゃべりについて。

「自分の母親が痴呆になって、自分のこともわからずに何度も同じ会話をしたり、
トイレのそそうをしたり、食べ物をこぼしたり・・・。
それに、じっくりと付き合う妻はすばらしいなあと思う。
私にはそんなことができるか?頭が去る思いだ。・・・」と。

聞いていてびっくりしました。

そして、ある曲をきかせてくれました。

手紙〜最愛なる子どもたちへ〜  樋口了一
              (上記クリックすると曲が聴けます)


      手紙
  

あまりにも状況が同じで、思わず涙が溢れてきました。
この歌詞は母の気持ちなのかな?
そのまんま表現してくれていて・・・。


そして、旦那の優しさに・・・ありがとう。
ちゃんと私の事、見ていてくれたんだね。

私が毎日母のところに通う意味がこの曲からわかりました。

私は、いろいろあっても母に本当に可愛がってもらって育ちました。

今は私からの恩返し。

「親が病気になったときは、今までの恩に感謝し、
静かに最後の時を共にするチャンスをもらったと
思えばいいのかもしれません。」と旦那のトークが続きます。




今日も母の食事に付き合ってきました。

なかなか忙しくてこんな時じゃないとほんとうに側にいられないのだなあーっと。
母は私のことを覚えてないかもですが、でもそれでもいいんだよね。

たくさんの愛をありがとう。おかあさん。

これからも元気で。


そうそう、退院が土曜日に決まりました。

姉は母の介護でまた忙しくなります。姉ちゃん、ご苦労様。
私は、わたしのペースで母に会いに行こうと思います。

まなゆいに出会ってから、実感です。
たくさんのつながりと愛とを自然に感じられる自分になれたなあと・・・。

テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

この記事のみを表示するなるようになった(=^・^=)

まなゆい

なかなか今日はネタが浮かびません。こまった〜。

昨日、今日と久しぶりのお休みで、
ちょっと自分の整理をしようかと思いました。

今の私に必要なこと〜っというとお片付け・・・(^_^;)
大の苦手です。

昨日はそれでもお片付けと思いつつ体が動かず昼までゴロゴロ。

昼からはちょっとお約束があり、
それまでにたーんまりとお片付けできるはずだったのにー。
あーあ、しかたないっか・・・。
まなゆいしながら口走った言葉は、「30分じゃないと無理でしょ」

えっ!30分?そりゃ無理だわー。・・・時計を見たらなんと・・・
あと30分で予定のお約束の時刻。

ドタバタとパソコンまわりを見て、
「今日は書類!」と叫んで15分で仕上げて出かけました。

よく考えたら、この一週間わたしってとてもハードスケジュール。
体がギブアップだったのでした。

よくぞ身体さん、ブレーキをかけてくれたね。ありがとう。

さて、今日は昨日の分を取り返そうか-っと思いきや、やっぱり身体は動かない。

うーん、今日はよく寝たはずだが・・・・?わけわからない。

そうしたらひらめきました。

「あなたは、まなゆいのセッションするんじゃなかった?」

えー?そうだっけー。
・・・スケジュールを見たら、
6月にまとまって時間をとれるのは今日と来週の土曜日だけ。

もうすぐ、まなゆいインストラクター講座も終わってしまう・・・。
私のクライエントさんをさがさねばいけなかった・・・。

その前にモニターさんだった。

ということで慌ててモニターさん探しの電話をかけまくった午前中。

こんなのんびりの私のモニターをしてくれると名乗りでた貴重な友だちありがとう。

めでたく、セッションできました。日々なるようになるもので、ホントに感謝です。

友人には手書きまなゆいちゃんの絵をプレゼント。

「まなゆいの言葉を聞くだけで、なぜか涙が溢れてくね・・・。スッキリでしたよ。ありがとう。」と。

友だちが元気になれて本当にうれしかったです。


ということで、6月・7月はモニターさん募集中です。

興味のあるかた、連絡お待ちしています。
下のコメント欄にてその旨を記入して非公開で送ってください。

連絡をくれた方に、こちらから追ってメールいたします。

ちなみに、6月29日東京にてまなゆいの1dayセミナーがあります。

     日頃の気になっていることをスッキリしたい方
     大きな選択で迷っている方(;・∀・)
     人間関係に困っている方(^_^;)
     特になんにもないけど気になる方(^o^)/
     すべての年代に、簡単で、効果抜群のまなゆいで心のお掃除しませんか?


名古屋地区ではまた7月に開催予定です。乞うご期待。


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

web拍手 by FC2

この記事のみを表示する勇気とバランス

小さい頃のわたし

サッカーワールドカップを見ながら
このブログを書いています。
(ながら・・・なので、ちっともすすまなーい。ネタが出なーい。)

なかなか点が入りそうではいらないー。
うーん、なかなか難しい。
勝てなければ敗退(^_^;)。
どんなに努力しても、その瞬間に実力を出せなければおしまい。

本田が倒された−・・・。あーもう少し。ゴール前であと少し・・・。
なんかが足りないのだな−。サッカーのことはよくわからんけれど、
あーチャンスがー・・・。残念。

解説では何度も勇気とバランスと言われています。

岸壁に立たされてしまった時にどう行動するか・・・。
それまでの努力を活かして、そして仲間とどう連携するか・・。
さっきから日本チームはゴール前でほんとうに何度もシュートして、ボールを回して・・・。
あーまたシュート、はずれたー残念。
         よくわからないなりに、応援してしまう・・・。

一つのことに向かってこんなに一生懸命に動く姿
かつて自分にあったのかな−?

小さな頃の私は自分に自信がなくて、なんにもできなかった。

だって、矢面にたたされたらどうしたらいいかわかんないし・・・。
あの子やこの子がこわいし・・・。
あの活発な意見の言える子にまーかせた。
だって、人前で話すことも、意見をまとめることもできないもん。

自分らしさとかまったく考えたこともなくて、
お友だちのキラキラばかりを追いかけていたなー。

そんな私があるとき
職員室の前で見せしめに正座させられのです。
理由は学校の門限過ぎても教室で遊んでいたから・・・。

その日はたしか家庭訪問週間で昼前に帰宅だったのに、
なぜか、たいして仲も良くない子たちと机の上に乗って走り回っていた。

学級委員だったので、多分勉強を教えろとか先生に頼まれていたのだと思う。

勉強したかどうかは覚えてないけれど、
その子たちと思いっきり日頃の嫌なことをぶちまけていたと思う。
それで最後は机の上をかけっこしたのだ。

あまりにキャーキャー騒いでいたから、職員室から見回りの先生が来て怒られた。

その瞬間、
あーやっちゃったー。学級委員なのに・・・。という思いと、
あースッキリした−。みんな、いっしょにつるんでくれてありがとうという思いがありました。

そうかー。ちょっと軽くなればいいんだ。
苦手な人たちとの関わり方が、ちょっとわかったように思いました。

たしか、この時期、私はいじめに合っていたはず。
八方塞がりで苦しくって・・・。
けれど、後ろにもあっちにも、たくさんの人がいる。
真っ直ぐすぎる心ではなく、ちょっと斜めから、ちょっと余裕を持って・・・。

小さかったから言葉にはならなかったけれど、
感覚として学びました。

勇気とバランスなのでしょう。


あー!サッカー。一番のクライマックスです。遠藤のシュート。あーはずれた。
もうすぐ後半45分。
あー、引き分けー。
でもでも、後半のゴール前の攻防はすごかった。

これもまた、次の試合への糧になるでしょう。
ここから何を学ぶか。がんばれ日本チーム。


web拍手 by FC2

この記事のみを表示する見過ぎない(^_^;)

保育の仕事

最近、
私のクラスの子が朝、登園しても車から降りなくなしました。

こんな場合、たいがいは園の中で、なんか嫌なことがあるのです。

さて、なにがいやなのかなー?

とてもおとなしいタイプの子なので、
お友だちにいっぱいきつく言われてしまうことかな〜?

アレルギーのある子なので暑くなって痒いのが嫌なのかな?

私が怖いのかな?

・・・思い当たるところを考えてなるべく小まめに声かけして
目も配り・・・でもこれといった原因がみつからない(^_^;)

そんな日々の中で、ある日、ママから

どうも年長さんになってからのすべてのことかもと。
もう既に小学校に行ったら・・・と口にしているとか。


できるようになりたいし、やりたいし、やればできる、といったコツコツ頑張る子です。

けれど、大きくなることに不安がある、
ということは、できるようになったことは一つ一つ彼には不安の種。

うーんむつかしいものです。
こんなに小さくても、もう既にい自分に自信がない。

ママもパパもたっぷりの愛情を注いでいるけれど・・・それだけでは無理のよう。
結局は、この子は自分自身でその壁を乗り越えるしか無いのでしょう。

おきる出来事一瞬
一瞬をマイナスからプラスに変えるには?


「いまのはちゃんとできたよ」
「それでいいよ」『大丈夫」・・・。
「ひとりでできるよ」「いつもみているよ」


いろんな言葉を駆使しつつ、
その子のことをちょっと面倒くさいな〜っと思っていた私に気づきました。

これってちょっと見過ぎたかも。
私もその子から心を離して=話して、自由になって・・・。

まーいいか、自分で乗り越えるんだ〜っと私が彼を切り離したらあら不思議。

この一週間、めちゃくちゃ元気です。

お家では「バカー」「◯◯なんか大嫌い」「リズムなんてだいきらいー」と
夜中に独り言を叫んでは朝スッキリ目覚めているとか。


見過ぎない、これは私の課題でもあったっけな・・・。
忘れないようにしよっと。


web拍手 by FC2