この記事のみを表示するなが~い虫さん

保育の仕事

はじめまして。noripiです。
初めてということで、今の私の日常をざっくり紹介します。

平日というと、
都会の自然豊かな公園にて、
子どもたちと一日中遊んでいます。

実は、ちょっとマイナーな自主保育の保母なのです。

 正直、老体にはキツイです・・・(^_^;)
おまけにシミに日焼けにと化粧してもごまかせない。



今は山桜のさくらんぼが真っ黒に色づいて食べごろです。

先日いつものように、
木登りしてさくらんぼを食べる
子どもたち姿を見守っていたら、
通りすがりのおじさんに

「あんたたち、これはいかんわ!」と怒鳴られました。

さくらんぼを食べるのはいつものことなので、ちょっとびっくり。
…よくよくおじさんのお話を聞くと…

「戦時中に公園のさくらんぼばかり食べとったら腹に虫がわいて、
おしりからなが~い虫がでてきたでよー、
あんたたちもそうなるでー!悪いことはいわん、それはやめとき!」と。


確かにさくらんぼの中には虫がいることがあります。
かつて、我が子のウ◯チに小さな虫がうじゃうじゃ・・・
退治したっけ。


「おじちゃんのお腹から虫さんのなが~いの
でてきたんだって。
さくらんぼの中に虫さんがいたら食べないんだよ」と私。


そしたらある子が、
「へー、おじちゃんから、
なが~い虫さんの赤ちゃんが生まれたんだね、すっご〜いな
と。

・・・んー・・・なんかちょっと違うけど、まあいっかー。


こんなかんじで、
かわいい子どもたちのつぶやきにかこまれています。


・・・とは言うものの、
最近は
泣き・パンチ・キックの応酬。
喧嘩の仲裁に明け暮れ、少々ヘトヘト

保育の仕事も楽なことばかりではないです。







スポンサーサイト

テーマ:初めのごあいさつ
ジャンル:ブログ

web拍手 by FC2