この記事のみを表示する私の姉〜つかの間の自由〜

わたしの大事なひとたち

 私には3つ年上の姉がいます。

子どもの頃の姉は、それはそれは怖くていじわるでした。
泣き虫のわたしは、よく「あっちに行ってよ、面倒くさい」と言われました。
なので姉のことを好きだと思ったことはなかったかもしれません。(姉ちゃんゴメンネ。)

あんなに仲の悪かったわたしたちですが、
お互いに子育てをするようになって協力しあうことも増え
認め合えるようになってきました

姉のいいところは
料理がうまい
植物をすくすくと育てられるグリーンハンドをもっている
面倒見がいい
優しくて細やかである
ハンドメイドが得意

姉はずっと両親の介護をしてくれています。
今は母親だけとなりましたが、痴呆があり毎晩やりとりが大変です。
私はといえば、月に1〜2回親に会いに行くだけですから、頭が上がりません。

そんな姉と昨夜は久々に夕食をともにしました。
なぜならば、母親が急遽入院になったからです。
姉にもやっと、つかの間の自由が訪れたと思います。

全くジブンの時間を持ったことのない人です。
母親には悪いですが、姉ちゃん良かったね。

また一緒に食事したり、飲みに行こう。
つかの間の自由を満喫しよう(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき
ジャンル:ブログ

web拍手 by FC2