猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示するよくある普通の家庭

わたしの和むこと

今夜もまたお片付け中(^_^;)

本の山に埋もれながら、それでも床が見えてきてうれしくなります。

なんとたくさんの本の中にひたっていたことか・・・。

私は本が好きですが、でも、物語にグーッと入り込むタイプではないらしい。

本のジャンルはお仕事の保育本から子育て、発達、すべての年代の絵本、障害児関連の本。
お勉強本に受験本、教育本、教育改革から制度変遷の本。憲法本。
小児看護の本から介護、ピアノ本から絵の書き方、手作りお洋服、折り紙、歴史ものから宗教本、大人買いした漫画本、時の話題ものと本当にたくさーんです。
いま見てもあ〜この本、こんなところにあったんだーっと愛おしく読みたくなります。
しかし、読んでいては寝られない。今回は断捨離。
これもあれも、お仕事に役立つし・・・今度の卒園式用にこれを読んで〜っと思う心は抑えて、
「今までに読み込んでこなかった本を周りにおくように・・・」とぶつぶつ口がしゃべってくれます。

まなゆいなのですよ。

あなたに今必要な物はそれではなくて、こっちこっちっと左手が教えてくれます。
私はちっともスピリチュアルな人ではありません。
が・・・今回は私のワンステップアップのための断捨離。

そのために導いてくれるものの中で過ごせるように、今一度ぶれない自分軸を呼び覚ます。

素敵な本ばかりでなんかウズウズしますが、そこはぐっと抑えてまなゆい。

旦那さんは「負のオーラに押されてしまう〜(´・ω・`)」と言うので
まなゆいまなゆい♪と2人でそれぞれ
「こんな自分を受け入れ認め許し愛しています。」と唱えまくりました。

「お片付けはマインドだよ」っとゆうこりんに言われました。
ゆうこりんのアドバイスどうりに、服、本、雑貨その他、思い入れのものとやります。

明日は本をごっそり業者さんがとりにきてくれます。・・・いい時代ですね。ありがとうございます。

って本にむきあってたら、どんな本が好き?ってお題を思い出しました。

う〜ん。最近はやっぱり重松清の本が好きです。

年代も同じくらいなので、取り上げている題材がいちいち納得。
単なる物語ではなくて社会的な状況があって、その中で一生懸命に生きてきてもなぜかどこかですれ違ってきてしまう、そんなよくある普通の家庭が主人公であることがとてもなじみやすい。それに、心の描写が丁寧で、私は旦那の考え方はこうなんだーっとこの本で気が付かせてもらいます。
「ビタミンF」すごくいいです。ちょうど夫婦のさめてくる時期にと思春期の息子との関係、いろいろありながらもお互いに悩みながら徐々に乗り越えていくところが共感できます。
「ナイフ」「十字架」「熱球」「流星ワゴン」どれもそれぞれ面白い。     
たくさんあるけれど、一押しはー、困ったなー。意表をつく面白さで言ったら「流星ワゴン」。
 流星ワゴン
    

ある家庭のワゴン車が事故にあったという新聞記事と主人公の家族とのからみが意表をついています。
人生、そういう選択肢をとることってあるよなーっと我が身をふりかえる材料にもなります。ご一読を。

ちなみに娘は一押し、「熱球」。
 熱球

これは高校野球が舞台。でも、ちょっと苦い過去と絡み合って、それをまた家族とともに向き合って乗り越えていくところがいいです。これ読んだ時に次女がちょうどいじめの渦中。
本な中でもいじめがでていていて、なんかリンクしていて、主人公とともにこのことを真摯に考えられたように思います。娘は娘なりに、たくさんの学びをもらった本。親子で読めたのがよかったかな。

あーブログなんて書いてたらあと少しなのに、終わらないよ〜。
でも、ブログも期日までにお題がしあがらないと、努力が水の泡〜(´・ω・`)
・・・うんでも、萎えそうになりながらももちこたえている私は偉い!
かろうじて救出したパソコンちゃん。
あなたがでてきてくれたおかげで、今日もブログに向かえました。ありがとう。
(パソコンを見えなくするくらいにグチャグチャの状態だったので、今はちょっと安堵してまーす。)

さて、あとひと踏ん張り、私の心ときめくものを選ぶ訓練、がんばりまーす。
なんとかなるさー、私は大丈夫。
てか、床も机の上のパソコンすら見えない状況ってどんなんだろーって想像に絶するってことですよ。
それでもこんなに明るい私、すんごいなー。まなゆい効果♪〜。私はどんどん進化中・・・。

明日にはまたもっと違う報告ができていまーす。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2