この記事のみを表示する親に感謝

ちょっと大きくなったわたし

昼に高校野球にドップリひたり
引き続いているおかたづけに向かっていました。

そうしていると、本当にたくさんの時代を重ねて今の自分があるのだと
妙に納得します。

おかたづけ、とは自分に向かうことなのかなあー?

そんなことをあれこれ考えていたら

どんどんおかたづけはあとまわしになっていきました。

昔はこんなことしていたなー。あーこれが気に入ってだんだよね。

タイムトリップしすぎて結局、またもとの木阿弥。
いつもモードのダラダラおかたづけはちっともらちがあきません。

まあそんな日もたのしいけれど、ちゃんと終わるのか・・・ちょっぴり不安がよぎります。

それでも、なんとかなるのかなあーとも思えて、なんとも変な自信にびっくり。

そういえばあんなに人前が嫌いだった私が今は人前で歌って踊れる保育士さんをしているのですから

変われば変わるものです。

変わるきっかけは大学時代のサークルにあります。

大学は金銭的に親からの圧力もすごく、とにかく安い学費の国立にしか行けない状況でした。

だから、とにかく家から通えるところ・・・。本


・・・すべての私立に不合格でもう、家事手伝い確実と半ば人生を諦めていました。
(当時は女の子は浪人なんてありえない。四大に入りたいと言えば、嫁に行くのが遅くなると言われる時代)

合格発表はこわくて姉に見に行ってもらいました。

で、姉から電話があったのです。「合格してるよ、自分の目で見においで、待ってるから・・・」と。

自分の目で確認した頃にはもうだーれも周りにはいなくて、でも、大学の先生がなぜかでてきて、

私の合格を一緒に喜んでくれました。本当に嬉しかったのを思い出します。

それで、めでたく大学生になれ、当然安い学費は親がだしてくれて、私は目一杯青春時代を謳歌しました。

そのおかげで、人前で歌うこと、パートリーダーとして、みんなをまとめること、
自分の意見をちゃんと発現すること等など叩き込まれました。

ありがたき、大学時代です。

私にとっては、この大学にきていなかったら今のすべてが違うことになっていた・・・。

そう思うと、親に安い学費でないと大学は無理とハッキリつきつけられたことに感謝します。

人間、岸壁に立たされるとのんびりでも何とかなるのかもね。





個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

この記事のみを表示する過去よりもやっぱり今が何よりもワクワク(^-^)

ポリシー(=^・^=)

次女と高校野球を見ています。

高校野球は私も次女も見だしたらとまりません。

甲子園といえば球児たちの憧れの場所。
いかに普段の力が出せるか、高校生らしい新しいエネルギーの勢いを作り出せるか。
そしてあの大観衆のハートをいかにつかむか。
本来の実力だけではなく、その場のエネルギーをいかに味方につけるのか・・・。
そんなことが勝敗に大きく左右するのかなあって見ていて思います。

しかし、あんなにも夢中になっている姿を見るとちょっとうらやましくもあります。
もし、過去に戻れるとしたら、どこに戻りたいのかな?
そして、何をしたいのかしら?

確かに高校時代の私はあまりに引っ込み思案で、華やかな青春時代ではありませんでした。
もし、戻れたら、高校の野球部のマネージャーになるのかな?・・・あーうちの高校は
サッカーが強くて野球部はありませんでした。
サッカー部たしかマネさんはいませんでした。・・・サッカーは当時は地味に見えました。
今なら、結構Jリーグも盛んで、楽しいって言えばたのしいです。
けれど、なにしろ野球が見ていて面白い。

ってことで、高校時代は無しかな。
もっと小さい時代は問答無用で戻りたくないです。考えただけでも暗くてイヤ。

では、大学時代。
・・・ここでは結構楽しんできました。私なりに大きな転機となる出会いもあり
ここで合唱団に入ったことでいまの保育の仕事にも大変役立っております。
あの時以上にがんばってやりたいこと・・・ないです。
だって、大学3年間は盆と正月以外、まったく休みなしで合唱団の活動に打ち込んできて、
文字通り青春を謳歌してきましたから。

看護婦時代。
ここでも燃え尽きるほどに仕事をして、たくさんのいい出会いがあり
たくさんの方を天国に導けるようにじっくり向き合ってきました。
やり尽くした気がします。

子どもたちの小さな頃。
ここでもたくさんの人に出会い、たのしく集い、助け、助けられてきました。
・・・そんなように考えていくと、なんてその時々に真面目に向かったことか。

つらいことも今となっては良い一コマとなっています。

そして過去よりもやっぱり今が何よりも楽しく、ワクワク、としている私がいます。

今の与えられた状況でも1人1人が元気になれるお手伝いもできるし、
子どもたちの素敵な笑顔にも会えるし、
なによりも豊かな自然の美しさに毎日出会えます。
人も自然も本当にうつくしいなあ〜って思えます。

そして、さらに
まなゆいによって出会えた仲間たちは私にたくさんのエネルギーをくれました。
仕事がしんどいなあ〜っとちょっと逃げ出したいと思っていましたが、けど、
思ったことは口に出 して改善していけばいいのだと気づきました。
職場の仲間を信頼して私の思うことを表現していけばいい。
    
なんかやれそうです。
   緑地と虹

だから、私は今が一番楽しくて、やりがいがあるなあーっと感じます。
さて、9月から、子どもたち、お母さんたち、楽しいことしましょうね。
そして疲れたら、ひとやすみしましょう。
web拍手 by FC2