猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する”私は日々ありのままの私(心も体も頭も)を大事にしています。"

わたしのあれこれ

連休中に一泊二日で
玉ちゃんのタッチフォーヘルスという健康法を学びに行ってきました。

IMG_1531.jpg


これは、ざっくり言うと
気の流れや筋肉の調子を整えることで、心と体の調和をとりもどしていこうというものです。
一言でまとめすぎかな〜(^_^;)・・・詳しくはたまちゃんのページへね。

さて、実際・・・。
参加者同士で誤嚥筋反射を使いながら歪んだ体をお互いに直してもらいました。

私、筋金入りの腰痛症、
それに、二度も足の骨折をしていてその後遺症で体はすごい歪み。

そんな私でも、確実に目に見える変化とともに足裏の体重のかかり具合も明らかに違うと自覚・・・。

すごいですよ。

だって、お互いにタッチしてマッサージしあうだけなのですから。

でそこでの私の最終目標は

”私は日々ありのままの私(心も体も頭も)を大事にしています。"


これって、究極なのですよ。
私、ジブンの心までは気がついても、つい体のことを忘れてしまいがちの人だから・・・。

持病と思っていた腰痛やらもろもろは私への注意喚起の声だったと気がつきました。

やり過ぎは禁物。

だから、ブログも書くのは好きだけれども
あんまりやり過ぎないように・・・(^_^;)・・・ほどほど。

0時越えないようにとの戒め。

いろいろな気付きと
そして・・・何よりも参加者さん同士の交流が楽しくていい出会いをもらえました。

玉ちゃんお世話になったみなさん、ありがとうございました。
  
  IMG_1532.jpg


現在さっそく旦那様にタッチフォーヘルスを実践中。



なかなかいいふれあいの時間です。
今度は下宿している娘たちにやってあげよう。きっと喜ぶだろうな。


そんな、家族への愛をワンプラス。
家庭の中で誰かがピピっとアンテナを立て、リラックスしてお話を聞いてくれたら
そんな暖かくてホッとする場はどこにも真似できないはず。
そんな聴く力をつけたいな〜って常日頃思っている方、
キョンキョンのリスニング講座がオススメです。

そして。。。
忘れちゃいけない私の体さん。毎朝の経絡体操、気の体操とともにコリのマッサージもご褒美。
体のお陰で昨夜は麻ちゃんの”こころざしボイス”に参加して、すんなりと声をだす方法を学んできました。

いつもありがとう、体さん。

タッチフォーヘルスに興味があるなって方、こちら参照。
ちょっと体の調整もしてみませんか?

年末のお片づけにちょっといつもと違ってより私の人生を輝かせるパワーをプラス。
興味のある方ゆうこりんのお片づけまなゆいまでお問い合わせを。


そして、私は”かけがえのないわたしストーリー”っと題して
私自身を知るセミナーを行っています。先回は大好評でした。現在12月19日に開催予定!!
ご希望の方、2名から開催しますので、またお知らせください。

    IMG_1668.jpg

また、
こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

この記事のみを表示するいつかは そんなジブンになれるかな?

徒然なるままに

友人から今朝と昼にメールが届きました。

”もう治療はなくなったので、自宅でゆっくり過ごしなさいといわれました。
なので自宅にいます。動けることを励みにゆったりと過ごしています。’’

  IMG_0918.jpg


彼女はほんとうに強いです。
私だったらこんなに淡々と現実を記してメールすることはできません。

じっくりとジブンに向き合っている彼女。

私には何ができるのだろう・・・。

やっぱり・・・
私らしく今、人生を生きているってことを知らせていくのがいいのかな。

彼女は同情されたくないはず。

できる天命をそのまんま受け止める静なこころ。

どうしてそんなに静寂でいられるんだろう。

彼女の知らせを聞いてからずっと考えてきました。
私だったらと。



人は誰も星になっていく日がくる。

その日はジブンではわからないけれど、
でも・・・
人生を後悔して、
人の恨みを語って終末をむかえたくないな〜っとだけは思っています。

かっこ良くなくてもいいから、
最後の時は、いい出会いがたくさんあったなあ〜ってジブンを褒めてあげたい・・・。
周りの人にたくさんのことを教えてくれてありがとうとお礼が言いたい。

いつかは
そんなジブンになれるかな?

まだまだ自信はないけれど、
死はとてもこわいけれど・・・。


人は1人で生まれて、やっぱり最後の時も1人・・・。


だから、
誰かを道連れにするのではなく、
ほんとうの意味で1人で立っていける私でありたいな。



こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→

web拍手 by FC2

この記事のみを表示するかくれんぼでワクワク・ドキドキ♫

子どもたちのこと

11月に入って本立作りに取り組んでいた子どもたち、やっと完成しました。

5歳児にとっては、ノコギリもキリでの穴あけも、金槌で釘を打つのも重労働。

思うようにさっとはいかないなか、気持ちを切り替えてがんばりました。

中には、どうしても釘を斜めに打ち付けてしまうので何度もやり直しした子もいます。

最後にはみんな仕上げにヤスリがけ。

手触りツルツルに、根気よくみがきました。

あまりにきれいな仕上げなので、

今年はペンキは塗らずに透明ニスで木目を生かそうっと子どもたちと話しました。



出来上がったあとは、広い公園を目一杯使ってのかくれんぼ。

思いっきり走って木や草の陰に隠れてドキドキ

見つかって「あー楽しー(^^♪」

年長さんとの真剣勝負かくれんぼは私もワクワク・ドキドキでした。

「もりのかくれんぼ」の本のようにね・・・。


もりのかくれんぼう (日本の絵本)もりのかくれんぼう (日本の絵本)
(1978/11)
末吉 暁子

商品詳細を見る


みなさんも、童心にかえってかくれんぼしてみませんか?

意外と面白くてはまりま〜す。

こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→







web拍手 by FC2

この記事のみを表示する子どもたちを育てていく責任を大人みんなで (^^♪

発達のこと

昨日は久々に保育の勉強会に出かけてきました。

「今からはじめる育て直し」・・・・・・角田春高著
  

“今”からはじめる「育て直し」―問われる乳幼児体験“今”からはじめる「育て直し」―問われる乳幼児体験
(2003/12)
角田 春高

商品詳細を見る


上記の著者さんが、安城で毎月シリーズでお母さん向けに勉強会を開いてくれていて、
そこに昨年より参加しています。

新しい発達の捉え方なのですが、結構わかりやすくて振り返りやすく使いやすい。


当日、参加されていたおばあちゃんと娘さんとお孫さん?
そのお孫さんの2歳児さんらしき子が、お話が退屈でゴネゴネしママを叩きだしました。

ママもおばあちゃんも困っていましたが、ちょうど勉強している内容が
その場面にピッタリで、先生が子どもさんに声をかけました。

先生の言葉に、ママをドンドンと叩きながらもその手が止まってちゃんと聞いているその子。

先生「退屈になったんかな?」
子ども「・・・おうちに帰りたい」
先生「じゃあ、ママにちょっとお外に行きたいって聞いてみたら?」
子ども「・・・おそとにいきたい」

結局、自分の思いが上手く表現できなくて、困っての癇癪だったよう。
大人にその思いを言語化してもらい、ストンと落ちたようで、すっと立ち直りました。


先生曰く、
2歳から3歳には、気持ちをしっかり代弁してもらい、
思いを叶えるためにはどうやってお話したらいいのか、お手本をたくさん聞かせてもらうことが必要と。

そうして溜めこんだ表現力で、3歳児以降、大好きな2人の関係を楽しみ
              4歳児以降はお互いにやって、やられて、交渉してと
生きていくコミニュケーション力をつけていくのだそうです。
そうして培った交渉力で5歳児には3人の関係もうまく楽しめ、さらに4人5人の集団でも遊べるようになると。

いま、大人でも表現力が乏しかったり、2人の関係が築けなかったり3人の関係が難しかったり・・・。

これは、自分の幼児期の体験が十分与えられてなかったからと・・・。
自分の責任ではないのですが、もらってないものは、我が子に教えることも出来ません。

もらってないのだから、そのことを嘆き悲しむこともない。

ないものは、だれかに与えてもらう・・・。
要は、自分の足りないところは持っている人に補っておらえばいい。教えてもらえばいい。

気がついたときから、子どもの育ちをとおして、自分の育ちまでもみなおし、立て直せる。

発達障害があるから分からない、育たない・・・ではなくて、
弱さがあっても、とことん付き合ってくれる第三者の存在があればその弱さも軽くできる。

今の発達診断では数値で診断が下ってもその後のフォローは親まかせになりがち。

現場の先生、保育士、そしてなによりも毎日向き合っている親御さんは本当に必死です。


なんとか子どもたちを輝かせてあげたい・・・。

そう思うならば、まずはい〜っぱいその子を見て、乗り越えてない発達課題まで後戻りして
じっくり向き合って行けば必ず育っていく。

そんなことを私も日々考えて保育をしているわけですが
やっぱりそれでいいんだな〜って後押しをもらったようで、元気になりました。




私は、ず〜っと小児科の看護婦をしているころから故田中昌人先生の理論を崇拝しています。


田中昌人先生講演記録  子どもの発達と健康教育 (1)田中昌人先生講演記録 子どもの発達と健康教育 (1)
(1988/02)
京都教職員組合養護教員部

商品詳細を見る



子どもの発達と診断 1 乳児期前半子どもの発達と診断 1 乳児期前半
(1981/01)
田中 昌人、田中 杉恵 他

商品詳細を見る


この先生の理論でも発達には飛び級はなく、どの子も同じ道筋をたどるといいます。
田中先生の理論のなかには随所に子どもへの敬意が現れていて、とても愛情深いものを感じます。
この理論については長〜くなるのでまた後日に。

角田先生はちょっと違った観点から子どもたちとその親たちを見ていますが、
それはそれでとても具体的で必要だなあっと思います。



子育てが大変な時代、
子どももママも悪くない・・・。おばあちゃんだって・・・。
きっと誰も悪くない・・・。
けれど、あらゆる悪影響のなか子どもの育ちが弱くなっている。


子どもたちを育てていく責任は大人みんなが背負っていかねば・・・。

だから、私はわたしのできることで、子どもたち、ママたちを応援したいです。


こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→







web拍手 by FC2

この記事のみを表示するオリジナルミニセミナー、アットホームに終了(^^♪

まなゆい

こんな青空の下で のコピー

今日はこんな青空の下で
オリジナルミニセミナー
私を知る・・・私ってだ〜れ?・・・かけがえのないわたしストーリー♡ を開催しました。

正直、お天気が心配でしたが・・・寒かたけれど、
お日様のおかげで途中はポカポカ(^^♪      今日の朝日コピー



大地からのエネルギーも応援してくれて、
とても心穏やかでどっかりと安定した、奥の深いセミナーとなりました。

参加してくださったかた、
本当にありがとうございました。

みなさんで、安心・安全・アットホームな場をつくることができました。

オリジナルミニセミナーのコピー


私の歩みと称して、ちょっとワークをしてわたしストーリーをつくりました。
それぞれの人の歩んだ道は、誰にもまねできないあなただけの道。
みんなちがって、みんないい。
金子みすずさんの詩の一節にありますが、ホントに誰もがみんな違っていいですね(^^♪

今日の資料 のコピー今回のセミナー資料

みんながわたしストーリーを読み上げる時に
からだがゾクゾク震える感じがしました。ちょっともらい泣きもしてしまいました。
あんまりにも奥深い気づきがあって・・・。

そして、それにまなゆいプラス。

なりたい自分がよりぐ〜んと近づいて見えてきました。
今気になることから思わぬ封印されていた根っこの思いがニョッキリ芽をだしてきました。

感想のシェアでは
「マイナス感情もちゃんと口に出して受け入れ認め許してあげたら、なんだかスッキリしました。
よく、言っちゃいけないと一人の心に押し込めていたけれど、口に出していいんですね。」
 とだされました。

そうなんですよ~。
まずは思ったままぶっちゃけちゃったほうがいい。
あくまでも、そのまんまの感情で人にはぶつけずに、一旦、まなゆいフレーズで客観視させていれば、
大事なことが見えてくる。うまく、思いも伝えられえる。

うまく時間を使いたいときにもまなゆいフレーズは大いに役立ちます。

・・・やることをサクサク進めたいと思っている私を受け入れ認め許し愛しています・・・っとね。

また、ペアでまなゆいの実習もしましたが、
この相方さんのお話がお互いに為になる・・・毎回なるべくして必要な方同士がペアになる・・・。
これも、きっと必然なのでしょうね。





みなさんが、より深く繋がれて、良い学びもあり、本当に良かったです。
また、ミニセミナー、自然の中でしてみたいです。

こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→







web拍手 by FC2

この記事のみを表示する明日は初のオリジナルセミナー♫

まなゆい

明日は初のオリジナルセミナーを開きます。
自然豊かな公園の中で・・・。

ちょっとさむいかな~(^_^;)

でも、紅葉の中、大地のエネルギーをもらって
きっと気分もスッキリ晴れやかになれるはず。

内容は、
私を知る・・・題して
  「私はだ~れ?」~かけがえのないわたしストーリードキドキ音譜

   unnamed-1.jpg


わたしストーリーを作ったあとにまなゆいもちょっとご紹介(^^ゞ

みなさんが、自分でまなゆいを使える糸口にしてもらえると嬉しいです。

・・・おもしろそうだな~♫って思った方、
残念ながら今回は満員御礼です。
また次回をお楽しみにしてくださいね。

ご要望があれば、また、早々に企画しますので、お知らせくださいね。
  
web拍手 by FC2

この記事のみを表示する子どもたちって芸術家(^^)

子どもたちのこと

外でのリズム体操のコピー


一昨日は雨の上がりが遅くて、予定の行事が出来なく、
急遽変更の保育となりました。
それでも、そんなことは、戸外での保育にはつきもの。
天候により、幾つもの保育ネタを持っていて、臨機応変に事を運びます。

ってことで、ちょっと起伏がある場所でのリスム体操から始まって
秋の色づいた葉っぱで絵を描こうとなりました。

子どもたちは思い思いに葉っぱを探して散歩して素材を集めてきました。

そして、素敵な作品出来上がり。

子どもたちって芸術家(*´∀`*)  子どもたちの作品のコピー


木の葉のお絵かき
web拍手 by FC2

この記事のみを表示するお互いにゴメンネ。

子どもたちのこと

お弁当だ‐(^^♪

昨日、の保育終了直前に子どもたちが大喧嘩になりました。
聞けば、ある男の子が、一人の子に向かって大きな木の枝をふりかざして、それが顔にあたったと。

幸い、怪我はありませんでしたが・・・当てられた子はもうプンプンです。
周りも、その枝を振りかざした子にさんざん文句を言っています。

さて、枝を持っていた子に「どうしてそうなったの?」と たずねました。
「だって、オレだけダメっていわれた〜」

みんな口々に言ってないーっと。

けれどもその子は
「お前だけ縄跳びむすびが違うもん、忍者にできんよーっていわれた。
縄結びの仕方なんか、ジブンで自由にすればいいもん。忍者ごっこだから入れるもん。」と言いはります。

そうなのです、周りはちょっとその子が忍者ごっこに入ってほしくなくて、
遠巻きに違うからダメと言ったようです。

でも、外されたことはちゃんとご本人は分かっていて、ジブンだけ外されたことに
枝を振り回すという好意で反撃に出たのです。

なんだか、こんな場面、大人でもよくあるのかも・・・。

やんわり断ってもちゃんと相手には嫌がられていることって分かるんですよね。

嫌がられてることを知った当人になったら・・・本当に悲しいです。
私なら、もし、その場面なら、直接に今日は入れてあげられないとハッキリ断られたほうがまだマシです。

相手の意図が素直に見えてわかった時、
それがたとえジブンだけをダメと言われることでも、面と向かって言われたほうがストンと心に落ちます。
なぜ、じぶんがそこに入れないか、理由も添えてくれればなおありがたい。

子どもたちにはそんなふうに、本音で関わりあうことを伝えたい。

なので、周りのみんなには上記のようなことを私メッセージで伝えました。

そしたら、ある男の子が
「おれ、ちょっと無視しちゃった」っと教えてくれました。
「おれ、縄結びのこと言っちゃった。」とまた別の子。

その子をちょっと外したかった。そうすることで団結できるような面白さがあったようで。

でもね、それってとてもやられたら悲しいこと。

ジブンは言われたくないことだったと口々に反省。

お互いに謝りあいました。

偉かったね。

一見どちらが悪い?ではなくて、心の中、素直に表現してみたら、見えることがありますね。

大人もおんなじかな。


こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→

web拍手 by FC2

この記事のみを表示する上海より帰ってきました(^^)

わたしの大事なひとたち

旦那と娘が上海より帰ってきました。

あの羽生くんの演技を目の前で見てきたのです。

とにかく会場では大変な騒ぎだったようです。

賛否両論もありますが、二人の意見としては、

全体の試合自体はとてもいいものだったそうです。

スケーターは本当に全世界からたくさん参加していて、

種目もシングルだけではなくペアもアイスダンスもあります。
アイスダンス

みな、持てる力を出そうとその一瞬にかけてきていて、その緊張感がなんともいえなかったと・・・。

  


起きてしまった事故はしかたないことで、

選手はその日のために頑張ってきたので何としてでも参加したいと思うのも仕方ないことです。

とにかく、怪我の中で精一杯がんばって演技した選手たちにはご苦労様とだけいいたいです。

しかし、やはり根性論を美化するのはよくないのかな〜(^_^;)って・・・複雑。

なによりも、ジブンの体と心を大切にしてほしいです。

そして、旦那と娘も無事に元気に帰ってこれてホッとしました。

人が怪我をする場面を間近で見るということはかなり動揺しますから・・・。


ふと、昔、外科病棟でたくさんの救急患者さんを受け入れ、

手術に送り出していたことを思い出しました。今思えばちょっといろいろしんどかったな〜(^_^;)

そうそう、私、保育の仕事中に前歯から上顎を骨折したこともあります。



怪我・・・誰も起こそうとしてないけれど、魔が差すというか、一瞬の隙というか・・・。

後から考えればこれもジブンへのお知らせではあるのですが(^_^;)


疲れ過ぎにはみなさんもご注意を!

こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→



web拍手 by FC2

この記事のみを表示するテンポはその子の決めたペースで(^^♪

保育の仕事

仲良く本立作り のコピー

さて、晩秋の年長さんの保育は本立つくりとなります。

お互いに2人組を作って板を切るときに押さえあっこして協力します。
子どもたちの力で板を切るのはちょっと重労働。
・・・待ってるのもつらいんですよね。だから、木を押さえるのも、ほら、こんな感じ。
けれど、お友だちとのやりとりの中、憧れの本立めざして頑張ります。



女の子もノコギリ のコピー

女の子も必死です。
彼女、途中で休憩して本日はこれで終了。
けれども相方の彼女は黙々と取り組んで板を切りおえました。
ということは・・・1人が辞めたくても相方がやりたければ当然手伝わねば成りません。
はじめの彼女、ふてくされながらも板はちゃんと仲間のために押さえてくれていました。
それがいいんですよね~(・∀・)。
ジブンだけのことを考えていたら仲間からういてしまいますから・・・。

テンポもその子その子の決めたペースで進みます。
もちろん、私はただほっておくのではなくて、本立の行程については子どもたちに逐一伝え、
その中で、ジブンで考えてもらうようにしています。



みんなでそろってノコギリ

こんな感じで、仲間の進み具合も見ながら、お互いに刺激し合うのが面白いです。



休憩タイム みそしる池

この二人はみんなより一足先にノコギリの行程が終了して、ホット一息。
仲間の邪魔にならないように、こちらの池でザリガニ探し中。




お楽しみのお弁当タイム♫

とにかくジブンの今日の行程が終わったと思う子は、私の確認後お弁当をひろげます。
・・・労働の後のお弁当は格別(・∀・)

まだ続く本立作りの行程。
ゆっくり、確実に進んでいきましょう。

子どもたち、がんばれ〜\(^o^)/


こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→



web拍手 by FC2