猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示するテンポはその子の決めたペースで(^^♪

保育の仕事

仲良く本立作り のコピー

さて、晩秋の年長さんの保育は本立つくりとなります。

お互いに2人組を作って板を切るときに押さえあっこして協力します。
子どもたちの力で板を切るのはちょっと重労働。
・・・待ってるのもつらいんですよね。だから、木を押さえるのも、ほら、こんな感じ。
けれど、お友だちとのやりとりの中、憧れの本立めざして頑張ります。



女の子もノコギリ のコピー

女の子も必死です。
彼女、途中で休憩して本日はこれで終了。
けれども相方の彼女は黙々と取り組んで板を切りおえました。
ということは・・・1人が辞めたくても相方がやりたければ当然手伝わねば成りません。
はじめの彼女、ふてくされながらも板はちゃんと仲間のために押さえてくれていました。
それがいいんですよね~(・∀・)。
ジブンだけのことを考えていたら仲間からういてしまいますから・・・。

テンポもその子その子の決めたペースで進みます。
もちろん、私はただほっておくのではなくて、本立の行程については子どもたちに逐一伝え、
その中で、ジブンで考えてもらうようにしています。



みんなでそろってノコギリ

こんな感じで、仲間の進み具合も見ながら、お互いに刺激し合うのが面白いです。



休憩タイム みそしる池

この二人はみんなより一足先にノコギリの行程が終了して、ホット一息。
仲間の邪魔にならないように、こちらの池でザリガニ探し中。




お楽しみのお弁当タイム♫

とにかくジブンの今日の行程が終わったと思う子は、私の確認後お弁当をひろげます。
・・・労働の後のお弁当は格別(・∀・)

まだ続く本立作りの行程。
ゆっくり、確実に進んでいきましょう。

子どもたち、がんばれ〜\(^o^)/


こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

この記事のみを表示する今日のコンサート最高!

わたしの和むこと

今日は馬場俊英さんのコンサートに出かけてきました。

旦那と出かける予定でしたが、次女と上海に行っているので、長女を誘いました。

長女と出かけるのは久々。

お出かけしたのは岐阜のclubG。
柳ヶ瀬にあって、こじんまりとしたとてもアットホームなところ。

今回のコンサートはアコースティック編成でゆったりのんびりと、
さらに、音響なしの生声での歌も聞けて大満足。

帰りは近くのワインのお店に入ってほろ酔い気分。

長女の奮闘記もいろいろ聴けました。

今、教育に携わっている彼女。
非常勤なので理不尽なあつかいもたくさんうけるけれど、子どもたちにために頑張っています。

子どもたちは誰だってはじめから悪い子はいないよね。
大人の都合で悪い子にされてしまっているだけ。
大人の方がちょっと心を広くもてたら、
問題のある子ではなくて、繊細で正直な困っている子どもたちが見えるはず。

けれど毎日沢山の子どもたちに、たくさんのことを教えなくてはいけない先生たちは大変。
きれいごとなんて言ってられません。

むしろ、
1人でたくさんの子どもたちに、たくさんのことを
短期間に教え込もうとする今の学校教育のやり方が時代に合ってないかも。


子どもたちは一人ひとり成長の速度がちがいます。
その子その子にあったテンポがあり吸収できる時期があります。

そこを見極めて、丁寧に拾っていく余裕が無い学校の現状・・・。
先生方のご苦労はかなりのものでしょう。

それでも、子どもたちのために何かできることはないかしら?

大事に育ててきた年長児を学校に送り出していく大人としてあれこれ考えました。

・・・私が楽しくやりたいことをして自然体でいること・・・その姿が子どもたちのお手本なのかな?

そうそう、今日の馬場さん、本当に楽しそうに歌っていました。
これぞまさしくお手本。人生楽しまなきゃね。


       今日のコンサート最高!・・・といってもう翌日になってしまった〜(^_^;)


今晩はコンサートで聴いた曲をあらためてかみしめながら眠ります。
・・・毎日踏ん張っている平凡な私たち・・・だけど、その繰り返しが明日に繋がるんだよね〜(・∀・)
 
       

        最後の最後まで、歩き続けよう・・・夢があるかぎり、道は明日へとつづく・・・♫

こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→
web拍手 by FC2