この記事のみを表示する魂に願いが届きますように。

わたしの大事なひとたち

一昨日と昨日、旭川に行ってきました。
友人に会うためです。

今回も楽しく過ごしました。

私たちのために美味しい居酒屋さんを予約し、
美瑛の青い池や美しい丘をドライブしてくれました。
ホントに美しい風景でした。

 S__1146886_convert_20150427232839.jpg

医者より、もう打つ手はないと言われて数ヶ月。
でも、ちゃんとこうやって会えました。

先日医師が変わり、再度治療をしないかと勧められたと・・・。

「治療したらどうなる?」と私。
「食べられなくなる。こうしてみんなに会えなくなる。
 ・・・制限が増える・・・。」と彼女。

しばらくみな無言。

私だったら何を選択するのだろう・・・。
生きているってどういうことなんだろう。
母親の事もあったので身につまされます。

生きるって、しんどいけれど、ホントのところは楽しいよね。
だって、いろいろなものも見れるし感じられるしみんなで笑うことだってできる。
我慢の先の何かって、そこにたどり着くのに私だったら疲れてしまう。

彼女の選択は彼女の心がおもむくままに。
私たちはそれを応援してあげればいい。

持っていったプレゼントのブレスレットとCD。
彼女の魂に願いが届きますように。


今度は7月にまた会えるよね。




スポンサーサイト
web拍手 by FC2

この記事のみを表示するちょっと嬉しかったです(^O^)/

まなゆいに出会って

この間、
たくさんの方のお陰で、
またまた、心の奥底深くの闇の部分に気づくことができました。
まずは、お世話になった方々、ありがとうございました。
      
この気づきをそのままにしていてはまた流てしまう・・・。
ということで、とりあえず旦那さんに話してみました。
こんなこと気がついた。
あんなこと気がついたってね。

話していて自分は本当に変わったな〜って再確認。
今までならば涙するような溢れる感情ももう過去のこと。
淡々と過去の(昨日までの)ジブンを語れました。

不思議な気分。
これって、ゼロの境地というのか、心の真ん中が平穏です。

いままで、何度もジブンを認めてきたけれど、
奥底には隠れた思い=感情が貼り付いていて
まあだまだ、心底認めていなかったんだと自覚しました。

私は誰よりも私を許していませんでした。
さらに
いろいろ問題がおこる我が子どもたちを心から認められなくって
だから、苦しくってまなゆいを勉強したのだと。
本当に苦しかったけれど、よくやってきたな私。
やっとや〜っと、
腑に落ちました。

それができたら、
私はわたし。
子どもは子ども。
旦那さんは旦那さん。
違う考えと生き方で当たり前と全てが愛おしく思えました。

そうしたら、
旦那さんが夕食作りを手伝ってくれました。
何にも言わないのに。
いつもはさっさと食べる時だけ出てきてすぐ部屋に戻ってしまうのに。
食事を「おいしい、おいしい」と食べました。

たったこれだけですが、
心が通った感覚。
ちょっと嬉しかったです。


私はまなゆいを毎晩お風呂の中でしています。
昨日の癒やしからさらに今日気がついたことへの癒やし・・・。

やればやるほど奥深く、
そしてまた違った世界観が心にしみてくる感じです。
じ〜っくりとジブンに向き合うことがシンプルにできておすすめです。

        IMG_1994.jpg

まなゆいってなに?って思われた方、一度お試ししてみませんか?感想はこちらから→

サラリと学ぶミニセミナー
じっくり理論と実習をする1dayセミナー
ジブンの癒やしから本当の心の声を聴き、やりたいことへシフトしていく本講座・・などがあります。

こんな私から個人セッションを受けたい方はこちらから→




テーマ:癒し・ヒーリング
ジャンル:心と身体

web拍手 by FC2

この記事のみを表示するめいっぱいかわいがってもらおうね♪

わたしの大事なひとたち

母親が看取りの施設に入所しました。

これまでにたくさんのヤマがあり、やっとここに来たという感じです。

肩の荷も軽くなりました。金銭的には重いのですが・・・(^_^;)


母親のことについては、年末からたくさん姉と話し込みました。

今の世の中、親を最後まで看取ることも大変なことなのだと痛感です。

たくさん調べて考えて相談して自問自答して・・・。

私は冷たい人間なのかと嫌になったり、これでいいのだとジブンをなぐさめてみたり。



決してきれいごとでは済まされない介護

訪問看護婦として働いてきたときにもたくさんの現実を見てきました。

大切な人が終末を迎えるときに、どうやって向き合うのか、なにがベストなのか・・・。

今もハッキリわかりませんが、

でも、ジブンが今できる精一杯でいいんじゃないかなあ〜って思えます。

やり方は一人ひとりちがっていてもいい。

私も姉も、

精一杯母親に向き合ってきた今までを褒め合い、認め合うことができたと思います。

     tanpopo.jpg

    
施設に移るまでの道中、母親は不安そうでした。

けれど、私たちが帰る頃には優しい笑顔となりました。

わかるようで分かっていないようで、

でもちゃんと心では分かってくれたのかもしれません。

若くて真剣な素敵な職員さんたちに、めいっぱいかわいがってもらおうね。

web拍手 by FC2

この記事のみを表示するまあいいか〜(*^_^*)

まなゆい

娘との長電話でのこと。

新学期が始まって、うちの保育の子どもたちも緊張気味。
娘の仕事で出会う子どもたちも緊張気味とか。

みんな、がんばっているね。
ピカピカ笑顔、とってもかわいい。

けど、ちょっとしたことでプッツンって糸が切れる。
頑張ってた分だけ、ホントに瞬時に。
子ども社会でも、思うようにいかないね。

かっこ良くありたいのに、なんだか気持ちばっかりあせっちゃう。
思いっきり駄々こねできたらスッキリできるかな?
いやいや、そうとはいかない気持ち。

ホントは仲良くしたいんだ〜。
ホントはボクのやりたいことだけしたいんだ〜。

あれれ〜、困った、
仲良くしてなおかつジブンのしたいこともするって難しいね。

これって子ども社会のことだけではない。
私たち大人だっておんなじことがおきている。

ジブンのしたいようにして、
けど、まわりともうまくいく・・・・。究極のあり方かな?

でもそうやって生きていくって、ホント難しいね。
生きるって、どこかで、ま〜いいか〜ってすることなのかな。
それも、悲しい顔でじゃなくて、そんなこともあるさ〜って笑顔でね。

娘とそんなことを話していて、ふとおもいました。

クローバー4

まあいいか〜って、まなゆいのことばでいったら、
受け入れる、認める、許す・・・にあたる感情なのかもね。

「まなゆい」はどんな自分に対しても
そう思った自分を
受けいれ、みとめ、ゆるし、愛しています っと
何度もなんども言ってあげるだけ。

案外どの人も、自分にたいしては、厳しいのでね。
もっともっと自分を甘やかせてあげてね。
合言葉「ま〜言いか!」に続いて、
「そう思った私を受けいれみとめゆるし愛しています」。
お試しあれ!。


web拍手 by FC2

この記事のみを表示することばにならなくても感じること

まなゆい

ことばにならなくても感じること

桜色の大地 さくらのじゅうたん


たんぽぽ

木々の芽吹き

こどもたちの笑い声

優しい風

ジブンにむかっていくと、

生きているものたちの声がする

はるを楽しむ声がね・・・。

私の心は無だけどまた再スタート

結構それでいいのかも
web拍手 by FC2

この記事のみを表示する今はひっそり時をまつね

わたしの大事なひとたち

なんだか落ち着かない

春というのに肌寒いせい?
どんより曇り空のせい?
桜がちりはじめたから?
    
   桜3

それとも、
新学期がはじまったからかな。

どれもあてはまらない。

心の奥底で何かうずまいている。
ことばにできなくてもがいている。

ことばってこわい。
一瞬にしてひきずり落とされる。

感じてしまうんだ、私。
繊細すぎるね。

でもこれが私。
今はひっそり時をまつね。
お互いの笑顔がもどるまで。




web拍手 by FC2

この記事のみを表示する今日は雨でもホッコリあたたか(^^)

徒然なるままに

今日は甥っ子の大学院入学式。
若いけれど彼はなかなかの人物。
父(彼からいえば祖父)の急変時におちついて対応し、
私たち大人に連絡をしてくれた。
その当時、彼はまだ高校生だった。

そして、父がなくなった日、
悲しくて仕方なかった私と姉を本当に優しく見守ってくれた。
・・・なかなか今どきの青年にないものをもっている彼。

彼がやりたい勉強のために頑張って大学院を目指した。
今日はその彼の晴れの日。20150405235934b1a.jpg
おめでとう!!

   
彼のために贈り物を選びに百貨店へ。

なんにしようか?

迷ってまよって・・・
春先に着られるお洋服を贈ることにした。
けど、どこがいい?
また迷って、何回もまわって
ここ!と決めた。

店員さん、ちょっと黒の革ジャン着た強面の方。
どうしよう・・・こわいな〜。
って思った瞬間、あちらからにこやかに声かけられた。
思ったより素敵な笑顔。
勇気をだして聞いてみた。

「甥っ子のプレゼントを探してます。これって若い子にいいですか?」
真っ先に目についたマリンブルーのカーディガンを指さして・・・。

店員さん、とっても丁寧に教えてくれた。

今春の流行りの色。
その商品の特徴。
どうやって合わせるといいか。
サイズについて。

最初、怖かったけれど、本当に親身で暖かで安心。

値段は予算よりかなりオーバーとなちゃうけれど、
その店員さんのまごころに惚れちゃった。

甥っ子の喜ぶ顔が目に浮かぶ…。

その足で即プレゼントを渡し行った。
まごころこめて作られているイチゴ大福を添えて。

           201504060007244bc.jpg


甥っ子ってかわいいんだ。
その場で「おばちゃん、着てみるわ・・・」って
プレゼントした服を着て見せてくれた。

うん、なかなか似合う。
私、センスいいかも?・・・店員さんがよかったのかな?


今日はなんだか雨でもホッコリあたたかい。
まごこころたくさん頂いたから。






web拍手 by FC2