この記事のみを表示する若者たちよ、一人で抱え込まないで・・・。

徒然なるままに

若者と話すことが続きました。

みんな必死に世の中で頑張ろうとしています。

必死で頑張ってもがんばっても、なぜかうまくいかない。

いい大学を卒業してもとにかく長時間労働におわれて、家に寝に帰るのが精一杯。

体を壊して働けなくなったら、社宅契約のマンションをでないといけない。

そうして衣食住という生活の基盤が一気にくずれ、

この文明社会の日本で、災害時でもないのにライフラインが止まることもある。

      水道水


大学時代に奨学金をうけていると、返済期間の15年〜20年間、返済におわれます。

住むとこすらないのに・・・大学生時代にすでに借金があるのです。

で、ある調査によると、奨学金返済を3ヶ月以上滞納している若者は2013年1万3000人。

10年前と比べると3倍になっているとか。

この原因は若者の不安定雇用によるため。

要するに、やっと正規社員として就職したのに、何らかの理由で辞職せざるおえなかった。

または、それにより非正規労働せざるおえなくなった・・・ということらしいです。

ワーキングプアーっという言葉、遠い人のことではなく、

ひょっとしたら、大都会で暮らす明日の我が子かもしれない・・・。

これでは結婚しない若者が増え、少子化も進むわけです。



正規雇用と非正規雇用では格段の給与差があり、保障もちがいます。

責任をもって働くなら断然正規雇用と私は教えられてきました。

けれど、現在は正規雇用の若者も、とても苦しんでいます。

人員削減により、長時間労働が横行してまともな休暇がとれない。

連日勤務が2週間以上続くなどはちょくちょく耳にします。

そのうちに心が疲れ出社したくても体が拒否反応・・・。うつ病の発症です。


こんな働き方をさせられたら誰でもおかしくなります?(個人の弱さではない)

労働基準法は全く生かされてないじゃないか〜!って怒りたくなります。

私は看護婦で夜勤をしていましたから、

長時間労働、特に深夜勤務の心と体への悪影響は身を持ってわかります。

さらに自分のみでなく、家族に及ぼす負の影響はそれは大きなものがあります。
(夜勤労働が必要な職種はあるが、ある個人に集中するのはあまりよくない・・・)



やっぱり、人は太陽とともに起きて太陽が沈む頃には帰路につく・・・。

これが人の摂理にあった働き方と思います。

なんでも効率化、利便化。

夜も眠らない大都会。

そこにはたくさんの置き去りにしてきたものたちがうずめいています。

このままじゃいけないね。


だから若者たちよ、一人で抱え込まないで・・・。

もっと泣いても怒ってもいいよ。

お話してご覧、身近な大人たちって意外と頼りになるよ。

そしてもっと周りのいろんな世代と手をつなごうよ。

まなゆいが、そんな必死で頑張っている若者に届いたらうれしいです。

転職・退職を考えている方、今しんどくて仕方ない方、まなゆいがきっとあなたの力になりますよ。





まなゆい個人セッション現在モニター価格で無料。(ただし、前後の感想を文章でいただける事が条件)
       
         LINE電話・Skypeでできます。

お問い合せは  noritkg789@gmail.com
        件名に必ずまなゆい個人セッション申し込みと明記
        追って詳細をメールにてお送りします。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2