猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示するこの夏の思い出

徒然なるままに

 久々の更新です。
みなさま、お変わりありませんか? 

 私はこの夏は娘とともに博物館めぐりをしてきました。
娘は夏の課題のために、私は自分の興味関心のために、
とお互いに目的は違っていましたが、なかなか勉強になりました。

 まず、博物館協会に加盟している中でユニークな展示をしているところということで、
選んだのが愛知県ではトヨタ産業技術記念館・ノリタケの森・ピースあいち・昭和民族博物館。
東京都ではアドミュージアム・印刷博物館・マダムタッソーの蝋人形館。
普段博物館というとちょっと堅苦しいイメージのところが多いので、すべてが面白かったです。
一押しはトヨタ産業技術記念館。実際に紡績の機械を動かして説明してくれます。
しかし今回はあえて昭和民族博物館とアドミュージアムを紹介します。

 昭和民族博物館はその名の通り昭和の町並みや生活用品がぎっしりつめ込まれていました。
私の幼稚園時代の我が家で使っていた魔法瓶からアイロン、足踏みミシンに白黒テレビにラジオ、
冷蔵庫、ちゃぶ台、お菓子や食品のパッケージ、レコード・・・。
亡き父や母の思い出もよみがえ
り、懐かしくてたまりませんでした。
昭和生まれの方、ぜひ、足を運んでみてください。

 次にアドミュージアム
アドミュージアム
ここは広告とマスメディアの歴史と今について展示されています。
江戸時代の浮世絵は、世界的に見てもとても優れた広告だったというのは初耳でした。
まさに色彩といい描写といい芸術そのもの。
広告とは豊かな夢の生活を描いていてワクワクするものだな〜って思いました。
それが、一変するのが戦時中。すべてが戦争一色の暗い色調になっていました。
軍隊募集広告や子ども向け戦争カルタの広告、「ほしがりません。勝つまでは」の広告…。
そこには異質さしか感じませんでした。怖いことです。

 戦後70年のこの夏、これらの博物館めぐりを通して、
戦争がなぜ始まり、なぜ終わらないのか改めて考えさせられました。
誰も人を殺したくないし、殺されたくない。
それなのにどうして戦争への道を突き進んでしまったのか?
私の父・母たちの世代がなぜ戦争を止められなかったのか?

 その答えがアドミュージアムにあったように思います。
そこでは生活に密着したメディアを通して
知らず知らずのうちに戦争意識が定着させられていく過程が見られました。
教育現場でもそれは同じです。
無意識のうちに個人の意志が蔑視され、全体主義が植え付けられる、
というのはおそろしいことだと思いました。

今の社会でもそれに似たことが既におきているのかもしれません。
こんな時代だからこそ、
社会のちょっとした変化や動きに敏感になりたいな〜と思った夏休みでした。


ながながとお付き合い下さり、ありがとうございました。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

この記事のみを表示する子育てはほんとうは親育ち

保育の仕事

子どもたちが夏休みに入って
通常なら私たち保育者も夏休みとなるのですが・・・・
今年は大忙しです。

なぜなら、
我が園の30周年創立記念と称するイベントをするからです。

園舎もないこんな名古屋の片田舎の名もない保育。

ここで、なんと・・・
30年積み重ねられた保育が存在しているのです。
それも・・・、昔さながらの良きものをちゃんと残しつつ。

まあ、時代とともに変化していることはありますが、
それでも、いつの時代もかわらないものがあります。

私はこのイベントで記念DVDを作る係。
ちょっと人より画像処理が出来るという程度なので、なかなか苦戦中。

じつはほんの2年ほど前にも同じくDVDを製作しました。
創始者の方の退職謝恩会で見るために。

このときは、写真の選択は皆でしたものの、編集は全く独りでしました。
夜な夜な起きては時々調子の悪くなるパソコン相手に。
怒ってもパソコンの動作はゆっくりで、なかなか処理が終わらずイライラもMax。
よく旦那さんにあたっていたのを思い出します。ゴメンナサイ。

それに比べ、
今回は3人でプロジェクトをくんでお互いにやれることを持ち寄り
困ったことは顔を突き合わせて相談。
いろんな雑談もしながら、楽しく進んでいます。

まあ、パソコン眺めすぎて目がショボショボ。
背中がまあるくなってきていますがね。

ということで、
毎日昔の写真をデーター化したり、編集したり・・・。
目はつかれますが、

いつもそこには緑地公園の豊かな自然が写っています。

そして
黙々と好きなことをしている子どもたちのかわいい背中。
真剣な瞳。
かわいい泣き顔。
起こっていてもどこか憎めない顔
あふれる笑顔。

これは大人たちも同じ。
我が子でもないのに子どもを見つめる瞳は暖かく、陽だまりのようです。

私も娘たちも
ここの暖かさに包まれて育ててもらいました。
お世話になった方々、ありがとうございます。

そして
自然のエネルギーはすごいですね。
心のおくそこの扉までも開けようとしてくれます。

子育てはほんとうは親育ち。
子どもを通して
ジブンの足りなかったところを拾い集めているのでしょう。

写真からたくさんの親子の笑顔をみて、
私がここにたずさわっている意味が見えてきました。

私はこのおだやかな場をとおして、
ジブンをまだまだ〜って苦しめている人たちの心をいやしたいんだな〜ってね。
どの人ももっている本来の笑顔がみたいんだな〜って。

ご縁のある方とつながれること、楽しみにしています。     
         
                       IMG_0951_convert_20141030011824.jpg

                      のりピー(*^_^*)


web拍手 by FC2

この記事のみを表示するあなたの門出よ祝福あれ

わたしの大事なひとたち

ブルームーンの日、長女とデート。

美味しいディナーを食べながら美しい夜景に楽しい会話。

こんな穏やかな時を

ともに過ごせるのがとってもしあわせ。

         IMG_2003_convert_20150802162036.jpg


彼女はいくつもの難所を歩んできました。

あちこちで、助けてくれるいい御縁にめぐまれながら・・・。

そして、

その汗を糧にしてさらに難所を歩き続けます。


私は見ているのがつらくて

「もうそれはやめたら?」

「それは意味ないよ。」

「こっちにしないから、ほらまた〜!」

心ない一言をよくあなたに浴びせていたよね。

本当にごめんなさい。


それでも、私のことをすごく慕ってくれるあなた。

私はあなたの存在のお陰ですごく強くなりました。

あなたを理解したくてたくさん学びました。


少しはあなたの心に近づけたのかしら?

あなたの一番の理解者であれたのかしら?

きっと、まだまだ私の学びは続くでしょう。



けれど、

互いに良き理解者としてあることを忘れず

向かうべき道に進んでいきましょう。

  

   今日という良きに日に、あなたの門出よ祝福あれ


web拍手 by FC2