猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示するさらに温かな、まなゆいワールドシフトの世界♩

まなゆいに出会って

 先日のまなゆいインストラクター仲間、三咲ちゃんのアドバンスコース二日目。

前日のワールドシフトをさらに深めました。

IMG_0642.jpg

今回のテーマは生まれ変わる・・・という意味を込めて「新生」。

し・ん・せ・い、真性・神聖・真正・・・。


今更ながら、いろんな漢字も当てはめられておくの深い言葉なのですね。

IMG_0643.jpg 

私のイメージは本当に脱皮という感じ。


さ〜はき出します。

いろんな湧き上がってくる重い・思い・想いたち。

これは、いろんな感情がやってきました。

背中と肩が重い。

胸も苦しい。

変わることってこれほど怖いのですね。


変わるといえば

私は今年3月に仕事をバッサリやめました。

そのあとにくる恐怖・孤独・喪失感は半端ないもの。



体のデトックスだったのか、食べられない。(体重大幅減少)

起き上がれない。(ず〜っとベットとお友達)

心のデトックスからか、人と会うのが怖い。

喋りたくない。

メールもパソコンも見れない。

情報はイヤ。

もう、このまま外の世界とは遮断かな〜なんてボンヤリ。



この時期のことはまた後日においおい書きますね。


それでも、

娘ちゃんのおかげでなんとか会話し、

外を憧れるようになり、

少しずつ社会復帰。



で、まあ、文字どおり大きな変化を体験しました。

だからもう恐れもないし、

大丈夫よ〜ってず〜っと思ってました。

けど、

まだまだ開けていない心の扉は奥深くあるようだ・・・。

それが見えちゃいました。


開ければいいじゃん。



でも、

扉の前にくるとものすごい恐怖なんです。

この4月に味わったアレがまたくるの〜!



私、立ち直れる?

考えただけでもやっぱり身震いします。

もう頑張ったしいいじゃん。



そう思いつつ、もう一方の私は、

「まだまだ開けられるよ〜」

なんて言ってくるんです。



私だけこんなに辛いの?

とワールドシフトをしている他の皆さんをふと見渡せば、

みなさま必死に自己に向かいあってらっしゃる・・・。



あぐら組みながら、

寝っ転がりながら

もう、産みの苦しみをあちらでもこちらでもしているのが見えるんです。

あ〜、私一人じゃないのね。

こうやって、みんなも真摯にしんどいところを吐き出そうとしている。



時々に三咲ちゃんの

「自分に問いかけてみませんか〜?

 もうだすものはないですか〜?って思った私を、受け入れ認め許し愛しています・・・

  心の中で言ってみてください。

 なくなった方は、静かに目を閉じ、この音に体を委ねていてくださ〜い」


なんて心地いい響きでしょう。

なんて優しい問いかけでしょう。



三咲ちゃんはやっぱり女神だったんだ〜っと感じました。

チベット?の鐘の音も美しく、癒され・・・

癒しの時間は

穏やかにゆったり、

たっぷり過ぎました。

IMG_0647.jpg 



こうして、お互いにお互いの人の吐き出す負の感情をリンクさせつつ

長〜い産みの苦しみを経て

や〜っと全てをだし終えました。



その時間、およそ2時間40分だったとのこと。

もちろん間で、自由にトイレに行き、

お茶を飲み、おやつも食べながら・・・。

アロマの香り、フラの動き・・・体も緩めて・・・。


まるで、お家の中。

安心・安全な家族愛に包まれた自由の感じ。



言い換えたら、

まだほんの小さな頃の私のお家、

外で遊んでお家に帰るホッとしたあの感覚。

嫌なことがあっても母の笑顔に救われ

顔見ただけでオイオイ泣いていたっけ。

あれが無償の愛というのかな〜。



ワールドシフトって

仲間とともに愛を感じながらなしとげられるもの。

それは

誰もが苦しい時があって、

そして

誰もがそれを自分で乗り越えたくって今生きていることを垣間見る瞬間。

一人じゃ苦しいから、一緒にその苦しさを共有していく瞬間。

何があっても大丈夫だよ〜。

あなたはあなたのままでいいんだよ〜。

泣きたかったら泣いていいよ〜。



人は一人じゃ寂しいもの。

ただ無言で側にいてくれる存在。

この4月当時、我が娘が私にしてくれたことと同じだった。

その世界が感じられる。

そんな大事な家族がまた増えた。


まなゆいのワールドシフトはその世界を感じる場なのかも。

感じるお家、一緒に作っていく現在進行形の場かも。


こんな場がいろんなところで作れたら、

みんなにしあわせが広がるよね〜。


だから、

そんな場、あなたも一緒に作っていただけませんか?




スポンサーサイト
web拍手 by FC2