この記事のみを表示するやれてもやれなくても一日一回挑戦

子どもたちのこと

子どもたちと秋の味覚、あけびとりをしました。

3歳児から5歳児そろってみんなであけびのあるところまでお散歩です。
一学期ならばお手てをつなぐのも面倒くさくて、「や〜だよ!」って言っていた年長児も、
今回はちゃ〜んと小さな子に歩調を合わせて歩いてあげられ、寄り道にも付き合い、ちゃんと目的地まで連れてきてくれました。
futaritetunagi.jpg

あけびはこの辺りの雑木林では珍しいです。
でも、ちゃんとたくさんありました。
いつも見つけてくれるお母さんたち、ありがとうございます。
akebi.jpg

おみやげはみんなで美味しく分け合いました。
akebiwotyoudai.jpg


初めて食べた子もいて、
「あま〜い(=^・^=)」と歓声があがっていました。

さて、おいしいご褒美はママへの報告にして・・・。
いつもの広場まで帰りました。
この帰り道も年長さんは年下の子の手を引いて、上手にエスコートしてくれました。

午後からは運動会に向けてのいろんな競技の練習に準備。
年長児みんなの一番苦手は竹登り。高いし、揺れるし・・・。
だけれど、怖いけれども頑張りたい・・・けど・・・。
竹登りの中腹あたりで悲しくなって上にもしたにもいけず
葛藤する姿に当番に入っていたママももらい泣き。
今は思うようにいかないけれど、やり続ければ必ずうまくなれます。
やれてもやれなくても一日一回挑戦。これを趣旨して、毎日奮闘中です。

これって、大人にも言えることなのかもね。
kodomotatitoaozora.jpg

毎日、苦手にもふんばる子どもたちはホントにすてき(=^・^=)

延長保育ではみんなでお神輿もつくり、気分はすでに運動会

来週の日曜日は運動会。晴れてほしいな〜。

こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)