猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する記憶ってあいまい

わたしのあれこれ

今日も母の病院にでかけました。
母親の今日のモードは「あんたはどこに住んどるのー?」でした。

母親に聞き返してみました。「あんたは、どこに住んどるの?」
「私は、えーっと熱田区だっけなー。そうそう、私お母さんと2人で住んどるんだわ。」と。

実際は緑区で姉たちと同居なのですが、
今日はなぜか結婚してからの住まいやにフォーカス。
母の実家は刈谷市でした。結婚して名古屋の熱田区に来ました。
母親の母は子どもたちが独立したあと、長男の住む横浜に連れて来られていました。
「◯◯(母親の母の名)さんは1人で横浜から熱田にでてきたんだよ。
歳とっているのに間違えずに来れてすごいわ。」っと。

確かに横浜から名古屋の熱田区に来るには、何度も乗り換えあるので、
本当に、生きていたら100歳を超える祖母が一人で来ているならばすごいです。


「ねえ、あんたは、えーっと誰だっけ・・・。
たしか、刈谷にいた◯◯ちゃんだよね。(母の妹の名前です)」

母親の母も、妹もずっとずっと前に亡くなっています。
きっと大好きだったのでしょう。

ふと質問したくなり、聞いてみました。「ねえ、あんたの今旦那さんはどうしてるの?」

「ん。あの人はとーっくの間にあの世に行ったよ。私だけ残してさ・・・。」と

これは正解でした。・・・父とは満足だったのかなー。
「で、あんた、遅くなったけど、刈谷まで帰れるかね-」と母。
完全に私は母親の妹になっていました。
まあいいかー。
本当は名古屋の緑区に住んでいるあなたの次女だけどなー。

母の話に合わせて聴いていると、不意に正常に戻り
「のり、あんた、子どもたちが待っとるで、
はよ緑区に帰りな。晩ご飯の支度せないかんよ。」と叱られました。
住まいと名前はあっているけど、
私の子どもたちは下宿してて今はだれもいないんだけどなー。

こんなやりとりをしていると、記憶ってあいまいなんだなーと思えてきます。
適当に自分の都合のいいように結びつけていることって多いのかもね。
まあいいかー・・・(^_^;)。人生、いろいろありってことかな。

これに似たことがコンサルで、
課題となっている本「嫌われる勇気」に書かれています。まだ、最初の方なので、なんともいえないのですが・・・(^_^;)
インストラクター仲間キョンキョンのブログにもこの本のことが書かれているので読んでみてね。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記

web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)