この記事のみを表示する見過ぎない(^_^;)

保育の仕事

最近、
私のクラスの子が朝、登園しても車から降りなくなしました。

こんな場合、たいがいは園の中で、なんか嫌なことがあるのです。

さて、なにがいやなのかなー?

とてもおとなしいタイプの子なので、
お友だちにいっぱいきつく言われてしまうことかな〜?

アレルギーのある子なので暑くなって痒いのが嫌なのかな?

私が怖いのかな?

・・・思い当たるところを考えてなるべく小まめに声かけして
目も配り・・・でもこれといった原因がみつからない(^_^;)

そんな日々の中で、ある日、ママから

どうも年長さんになってからのすべてのことかもと。
もう既に小学校に行ったら・・・と口にしているとか。


できるようになりたいし、やりたいし、やればできる、といったコツコツ頑張る子です。

けれど、大きくなることに不安がある、
ということは、できるようになったことは一つ一つ彼には不安の種。

うーんむつかしいものです。
こんなに小さくても、もう既にい自分に自信がない。

ママもパパもたっぷりの愛情を注いでいるけれど・・・それだけでは無理のよう。
結局は、この子は自分自身でその壁を乗り越えるしか無いのでしょう。

おきる出来事一瞬
一瞬をマイナスからプラスに変えるには?


「いまのはちゃんとできたよ」
「それでいいよ」『大丈夫」・・・。
「ひとりでできるよ」「いつもみているよ」


いろんな言葉を駆使しつつ、
その子のことをちょっと面倒くさいな〜っと思っていた私に気づきました。

これってちょっと見過ぎたかも。
私もその子から心を離して=話して、自由になって・・・。

まーいいか、自分で乗り越えるんだ〜っと私が彼を切り離したらあら不思議。

この一週間、めちゃくちゃ元気です。

お家では「バカー」「◯◯なんか大嫌い」「リズムなんてだいきらいー」と
夜中に独り言を叫んでは朝スッキリ目覚めているとか。


見過ぎない、これは私の課題でもあったっけな・・・。
忘れないようにしよっと。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)