この記事のみを表示するこれが私の大好きな自主保育のありかた

保育の仕事

子育てって色々なスタイルがあるね。
ビシバシいく。
まったりいく。
あこがれの人をまねる。
本から学ぶ。

どんなスタイルでもいいけれど、
ただ忘れていけないのは目の前の子ども。

小さければ小さいほど本当の気持を言えないもの。

だから、
子どもの姿から心をうけとらなくては・・・。


それもそうだけど、
子どもの心をとるとジブンは我慢ばかりってことも多いね。
親をやめたいって思うことだってある。

おまけに社会の規範も大切。
規範をとると親の本当の気持ちは置いてきぼりのときもある。

でもね、
大人だって何が正しくて何がまちがっているのかって
時々わかんなくなっちゃう。

当然、保育をしている私だっておんなじ。

〜すべきはわかっている。
けども体が動かないんだよねって
誰でもあるよね。

これって、きっと、魂が叫んでるんじゃないかな?
その感情こそ大事にしなくちゃいけないんじゃないかな?


通常じゃありえないけれど、
たった一人の悲しい魂がいたら
いっしょに側にいたいんだよね。

     S__516207_convert_20150927164105.jpg

子どもの笑顔をまもりたい。
だから親も守りたい。

欲張りだけれど
これが私の保育。
これが私の大好きな自主保育のありかた。



ホームページ未熟ながらできました。
みなさま、ぜひご覧ください。

和みたいむ♪http://nagomitime.web.fc2.com/indx.html

noripi-manayui-love_convert_20150923185534.png


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)