猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する家族団らんがコミュニケーションのお手本の場

発達のこと

久しぶりに保育の話です。

今日たまたま元の職場の園児のお母さんたちに会いました。

もう○年ぶりに会った方もいます。

子どもさんの年齢は小学生から中学生まで。

どのお母さんも不安だらけ・・・。


「宿題が多くてうちの子泣きべそかいてる」
「先生って大丈夫?余裕ないみたい〜」
「中学校、先生ってすごい言葉かけするのよね。聞いていてなんか傷ついちゃう」
「テスト、採点厳しい〜」

いろんなことがでました。

子どもたちの世界も昔ほど失敗が許されないのでいつもビクビクしているようです。

それも、お母さんにその気持を何らかで吐き出せている子はまだいい。

大人しい子ほど、たくさんの思いを飲み込んでいるのかも?

もしくは今の感情をうまく自覚したり表現できないだけかも。

   クローバー4



保育の現場では
年長児までに自分の気持を言語化できるように働きかけていました。

語彙が少ない幼児たちなので
うまく思いが伝えられなくて、大人は見ていて歯がゆいばかり・・・。
日々たくさんのお手本となる言葉かけも必要です。

それでも年長の最後を迎える頃には、
ジブンの思いを相手に一生懸命伝えていきます。

負の感情をあらわにしていくので当然ケンカですよね。

ケンカになってでも伝えたい思いがあふれてくる・・・。

これは年長担任の醍醐味。
きた〜、この瞬間!と、拍手したくなります。
ことばでケンカできるくらい、大きくなったんですよ〜。

この時のために私は丁寧にことばをかけてきていました。

それぐらいにケンカは大切なこと。


けれど、現在、一般的に幼児期のケンカ体験が少なすぎて

小学生になっているようです。

中学生で、今の気持ちを表す言葉は?っという授業があるくらいだそうで。

今は中学生でもまだ、ジブンの気もちを言語化できにくいということらしい。

逆に言えば、それくらい感情が育っていないようです。



事実を忠実に話すことと、ジブンの感情を表現することは別。

同じ話すにしても、後者のほうは、たくさんの実感を伴った体験の中でしか

培われないといいます。

百聞は一見にしかず。

      


もしわが子がなんとなくアレ?という時。

うまく表現するすべがないのかも?

負の感情のあつかい方に困っているのかも?



ならば、親子で一緒に今の気持ち、言語化してみましょう。

家族団らんがコミュニケーションのお手本の場と思います。

お父さんもお母さんも、今のモヤモヤ、子どもさんとお話しながら確認してみましょう。

ひょっとして、親子よく似た場面で悩んでいるかもね。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)