猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する4人と一匹と1羽

わたしの大事なひとたち

昨夜、このブログを打ち込んで、さあしあがったーっと思いきや
記事の保存のポチを押す前に、・・・パソコンがフリーズ。
にっちもさっちもいかず、復元できずにそのまま今を迎えました。

昨日の記事はどこへいった〜。かえってこ〜い。

と言っているよりも打ち直した方が速い・・・。
ノートパソコンからデスクトップパソコンに移って入力中(^0^;)
私のiMacちゃん直るかしら・・・。心配。

という私情はさておき、
私の家族たちは
その昔、4人と一匹と1羽でした。(かつて・・・娘たちがまだあどけないころ・・・)

私、旦那、娘2人の4人。そしてハムスターのチョロ.tyorotyann.jpg

そしてヒヨドリのぴーちゃん。pityan.jpg


チョロはお友だちからいただきました。
気質が穏やかで、どれだけ触られてもいっつも手の中でクーク寝ている子でした。
娘たちはシルバニアのお家、りかちゃんハウスにチョロちゃんを入れては(めいわく〜f(^ー^;)遊んでいました。

ぴーちゃんは、近くの公園で瀕死の状態でいるところを救出して、我が家に仲間入り。
この子は人なつこくて、いつも私たち家族のあとを歩いてついて回りました。
ぴーちゃん、ヒヨドリですが、風切り羽根が巣から落ちたときに折れてしまって飛べない子でした。
本人は飛べる気満々。いっつも30㎝くらいの卓上机の上をめざしてジャンプ。
けれど・・・たった5㎝くらい飛び跳ねたら地面に不時着。・・・けどまたジャンプ。・・・あーこけた。
を一日に何度も繰り返す、前向きで純粋なこでした。

彼らのおかげでうちの子たちは学校のストレスを癒し、
忙しいお母さんには話せないことをなんでも彼らに吐き出していたようです。

私や旦那ときたら、期限のせまった書類書きには
ぴーちゃんがパソコンデスクのところまで歩いてついてきてくれ、
いっしょに見守ってくれました。

淋しい夜はチョロちゃんが回し車をまわす音で元気になりました。
ぴーちゃんは食事も一緒に食卓で見ていました。
ペットの存在は家族同様ですね。

けれどこんな小さな生き物たちは私たちよりも先に生涯をとげます。

ぴーちゃんはもともともっていたであろう脳の病気でひどい痙攣にみまわれて
私たちの見守るなか天国に召されました。


pityannto.jpg


チョロちゃんはすでに冷たくなっているところを次女が発見しました。
毎日世話をしていたので、それはそれは急なことにびっくりしました。

亡くなってしまった時は悲しくて立ち上がれなかったけれど、
彼らは私たちにはかけがえのない存在。日々に彩りをそえてくれたこたちでした。

あれからもう十数年。
また、可愛い子の面倒をみては天国へ見送って・・・の繰り返し。
今は猫のチャマ君一匹に旦那と2人。

時代と共に変わる相手と変わらない相手・・・。
変わらない相手はあまりに近すぎてちょっと忘れてしまうほどですが、容姿はどんなにかわっても
やっぱり私の大事な人なのだなあっと思います。

ノートパソコンが壊れて、デスクトップより昔の懐かしい写真がわんさか。
今日はこれを見て、なつかしんでいます。iMacちゃん、その間に直っておくれよσ(^◇^;)
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)