この記事のみを表示する受験生の親御さんと受験生さんに「まなゆいおまじない2♪」

わたしの大事なひとたち

昨日の続きです。

まなゆいの受験生・受験生の親御さん、実際の使い方です。

「〇〇ちゃんが合格していることを受け入れ認め許し愛しています。」

この文、どこかが間違っています。

こういう使い方ではうまくコトダマが発動しません。

なぜ?

まず、主語が自分でないところ。

あくまで扱うのは自分自身の感情や想い。

たとえ我が子でも別の人格なので、

必要なら受験生である子どもさん自身も

ご自分で「まなゆい」することをお勧めします。

自分の感情と貼り付けた事実の分離は

やっぱり自分でしかできないのです。




例えば

親としてのいろいろ対処の仕方に不安があるのならば、

「私は○○ちゃんの受験結果が心配と思った私を

受け入れ認め許し愛しています。」

とか

「私は受験結果で動揺してしまいそうと思った私を

受け入れ認め許し愛しています」

とかいうのがいいでしょうか。

下線の部分にその後どんどん浮かんでくる不安とかグチとか

この際独り言でドンドン当てはめて言ってみましょう。

言いちぎると、嘘のように不安が出なくなります。

そうしたら、自分に問いかけてみてください。

「本当はどうしたいの?」


⇨「本当は何が起きてもどっしりと受け止める親でありたい

            
⇨「本当はここまで頑張ってきたことだけで十分と言えるようでありたいかも


こんな風に「〜たい」「〜かも」って願望が出てきたら、

その語尾を肯定文にして言い切ってみましょう。

これをまなゆいでは宣言すると言います。

肯定文で言い切ってみて、あ〜大丈夫!って思えたら本当にOK.

そしてその気持ちを強化するために

さらにもう1〜2文付け加えて1日に何度も唱えます。

先の例でいくと、

「私は○○ちゃんに何が起きてもどっしりと受け止めている親であります。
 
その姿がよ〜く見えています。

そのような存在であることを知っています。

そのように天からも祝福されています。


とか、

「私は〇〇ちゃんにここまで頑張ってきたことだけで十分と言ってます。

その姿がよ〜く見えています。

そのような存在であることを知っています。

そのように天からも祝福されています。


とかになります。


またはあらかじめ、なってしまったことをイメージして

予祝しちゃうのもいいです。(はじめにお祝いしちゃうっていう意味)

「私は○○ちゃんと受験の結果を見て喜び合っている姿がよ〜く見えます。

私たちはそのように天から祝福されている存在であることを知っています。」

なんてね。

2016年ありがとうのコピー


こんな簡単なこと!って思われるかもしれませんが、

実際に声に出して言ってみると結構いい感じですよ。

なおかつ予祝は紙に書いていつも目にしているといいです。

カラーペンを使って絵なんかも描くとより脳にインプットされます。

コツは毎朝と寝る前に声に出して唱えること。

これを21日騙されたと思って続けてみてください。

今までと違う感覚を味わえます。

だから、ぜひ

受験生さん自身にも親御さんから教えてあげてくださいね。

魔法のコトダマ(おまじない?)があるよってね。



試してみてのご感想、待っていま〜す。




長文にお付き合いくださってありがとうございま〜す(^ ^)

追伸:明日14日の日の出まなゆい、雪のため難しそうですね。
   今回の土曜日は延期にします。
   平日でもよければご連絡くださればご一緒に。
   noritkg789@gmail.com
件名に「日の出まなゆい・行きた〜い!」と記入くださいね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)