この記事のみを表示する感じたままの私表現で新しい自分になるまなゆい・3回シリーズ

募集中セミナーについて

思ったままを表現するって

 

私、あまりしたことがなかったな〜。

 

いつも討論とか、話し合いとか

 

はや〜っく終われ・・・って思ってた。

 

だって、

 

私が下手な意見や感想を出さなくたって

 

物事は決まっていくし、

 

誰かがスパッといい意見を出してくれるし・・・。

 

高校まではそんな感じで自信もなかった。

 

けど、大学からはそうはいかなくて

 

涙が出るくらい大っ嫌いな自分を

 

毎日サークルでさらけ出す羽目に・・・。

 

だんまりを通していても

 

それにずっと付き合ってくれる先輩方が

 

たくさんいてくれて、

 

その優しさで私の殻も溶け出しました。

 

これが私が大きく変わったきっかけ・・・。

 

看護師になってからは、

 

命を相手に、ここぞという時には引かずに

 

意見交換もできるようになりました。

 

そのおかげで、次の仕事の保育士では

 

とってもおしゃべりだったかもな。

 

 

と話は逸れましたが、

 

自分のことを表現するって

 

その必要性や機会が少なければ

 

やっぱり身構えてしまうことですよね。

 

特に日本人は空気を読んじゃうので・・・。

 

でもね、

 

まなゆい=4つのコトダマを使った自分を愛するメソッドでは

 

身構えなくっていいのです。

 

とにかく口から出てくる言葉を

 

そのまんま、

 

唱えて語尾に

 

「〜っと思った私を受け入れ認め許し愛しています。」

 

というだけ。

 

ネガティブな言葉は口に出してダメって

 

よくいうでしょ。

 

でも、ネガティブ言葉も大いに結構。

 

だって、語尾にはまなゆいコトダマをつけるので

 

実はネガティブじゃなくなっちゃう。

 

最初の時は言い方になれないから、

 

ついついカッコいいことを言おうとして

 

心も体も緊張してしまうかも。

 

でも大丈夫。

 

み〜んな自分のこととなると

 

ついつい頑なに心を閉ざしちゃう。

 

それでも、言い続けていたら変われる。

 

 

 

テニスや卓球などの運動選手たち、

 

まずは型を覚えるために素振りしますよね。

 

あの素振り感覚=まなゆいを定着させる感覚

 

何度も使えばより使いやすいし

 

気づきも早い。 

 

 今回は、自分の心の中の声を

 

そのまんま表現することで得る新しい感覚。

 

それを大事にしたいです。

 

3回シリーズ・・・ちょうど3週間、21日。

 

まなゆいを生活の中に定着させる熟成期間。

 

仲間と一緒に週に一回3時間、

 

まなゆいタイムはいかが

 

熟成後は、きっと新しいあなたに会えるね。

 

では『まなゆい宣言』

 

私たちは、感じたままの私表現で、

 

新しい自分になっている姿がよ〜く見えます。

 

そのように、天から祝福されている存在であることを知っています。

 

 

 

私のビジョン。

 

まなゆいできる人が増えて、

 

その人たちがまた新しい人たちのご縁を繋いで、

 

心地よく暖かく安心な

 

それでいてパワフルなしゃべり場がどんどんできる。

 

そしてそこからはいろんな分野での

 

楽しいアイディアが生まれ、作られていく。

 

人に本当に大切なことは何か、

 

100年後の子どもたちに残していくもの。

 

それをらを語り合い作っている私たちの姿がよ〜くみえます。

 

IMG_3028_convert_20151215012432.jpg

 

目指す世界はでっかく、

 

でも今やれることはワクワク楽しくをモットーに。

 

 

ベル新企画1 そのまんまでまなゆいcafe¥4,000- お茶とお菓子付 
 ★新規お友達連れのリピーター特典あり  2月7日火曜18時半~20時半
ベル新企画2 感じたままの私表現で新しい自分になるまなゆい・3回シリーズ
 1回 ¥3,500-  通し参加¥10,000– 
   💗通し参加の方個人セッション1回プレゼント
        &そのまんまでまなゆいcafeの参加費¥1,000–に
 2/15・2/22・3/1・毎水曜18時~21時 
at千種区千番目の種
 2/25・3/4・/3/11・毎土曜13時~16時 at千種区千番目の種
 現在日程企画調整中  at名古屋わたぼう
虹申し込み、お問い合わせは コチラ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)