この記事のみを表示する生まれは?

わたしの大事なひとたち

わたしは小さい頃、工場地帯で育ちました。
ちょうど、光化学スモッグだとか、四日市ぜんそく、水俣病やらのはびこった時代。

うちの裏は24時間製造の自動車工場、いつもギ~ガシャンと機械音が鳴り響いていました。
家から30分ほど歩いたところには熱田神宮があり、よく父親と母親と散歩に出かけました。
森が深く、うっそうとしているのですが、どこか静寂さがあり、たくさんの神様が祭られています。

熱田神宮の周りは古墳も多く、また、宮の渡しという船着き場跡があっり、歴史的にもとても古い宿場町です。
この熱田の地区では昔から尚武祭という熱田の祭りが6月5日にあり、花火が打ち上げられ、まきわら船が点灯して、たくさんのお店も出ます。

子どものころは、学校が半日になって町内を獅子でねりまわり、母の作ったお寿司を食べて楽しい一日でした。

今は遠くから、熱田祭りの花火を眺めています。(家はマンションの最上階で花火がよく見えます。)

熱田の家はほかにも、伊勢湾台風のひどい被害にあっています。近くにあった貯木場が避難所に逃げてきた人たちを遅い、たくさんの死者が出ました。

さらに、もっとさかのぼると、名古屋大空襲もありました。
我が家の近くは軍需工場が多くあったので標的になり、焼け野原になったのです。

そんなこんなで、幼いころのお家は、都会の嫌な部分をいっぱい背負った地域にありました。
(そういえば今のお家も古い城下町にあります。陰とと陽をもった地域です。)
祝い事は派手にふるまわねば後ろ指をさされる地域でもありました。

だから私は今、その反動で、自然が大好きで、穏やかのんびりした雰囲気が好きなのかな。

人を気にして、思ったことも言えない閉塞的な気質には息が詰まります。
だから、つねに自由でありたいと思うのかな。




スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)