猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する輝くには

ちょっと大きくなったわたし

今日は次女とファンタジー・オン・アイスを見に富山まで来ています。

ちょっとした旅行気分で、サンダーバードに乗り、
まるで中学生にもどったようにはしゃいでしまいました。

 アイスショーは何度か見ましたが、

今回のショーは
引退したばかりの織田くんや安藤ミキさん、鈴木明子さんなど
私のお気に入りのスケーターが出演していて、
もう、それだけでわくわく感動です。
そうそう高橋大輔くんもいました。もちろん、羽生くんも・・・。

たくさんのトップスケーターたちの中に
カナダの選手で今年の世界ジュニアチャンピオンの
かわいい男の子がいました。

ナムくんといいます。

彼がまたなんとも言えずいい表情で滑るのです。
・・・ほんとにスケートが楽しいのだね~と嬉しくこちらもなります。

自分の演技を堂々と、こんなにたくさんの観衆の前で見せるその度胸。

すてきだな~。



私が中学生のころは考えられないことです。

制服に個性を押し込めて、
色を選ぶのさえ禁止されたように思えていました。


私は、この集団の中でたった一人、
存在の意味もなくてただ言われたとおりに動くだけ。
色でいったら濃いブルーの時代。

そこから私色を作るのに、
困り、悩み、立ち止まり、
進んで戻って、何回も色を塗りなおして
不透明な灰色のような自分でもわけのわからない時期をごしてきました。



今日のナム君はかわいらしくて、

でも、切れがあって、若さとパワーが満ち溢れたピカピカ存在でした。


IMG_4127_convert_20160105214241.jpg


なぜあんなに、輝けるのかな?




先日は知り合いから中学生の娘さんが学校にいけなくなり、
おうちにいる宣言したとメールがはいりました。

その宣言に中学生の娘さん、

がんばったな~っとほめてあげたくなりました。

ナム君のようにピカピカ自分の天命に出会えた中学生はほんの一握りのはず

わからないなりに、自分の心の声に従った娘さん、
すごいです。

それを、迷いながら支えようとするお母さんも素敵です。


世間とちょっと違う選択をしたくなったとき、

とてつもなく不安になるけれど、

それがそのときの精一杯の選択ならば、

きっと未来につながるのだろうな~っと信じたい。

たとえ間違っても、気がついたら引きかえせばいいものね。





そうか・・・。

私が中学生のときは、失敗する勇気がなかったのだね。

だから、人に合わせ、目立たず遅れずにいることだけに必死だった・・・。

輝くには飛び出て失敗する勇気がいるのかな・・・なんて思います。





個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)