この記事のみを表示する食わず嫌い

小さい頃のわたし

先日、車検があり、長年乗りこなしたスパシオちゃんを修理しました。
もう10年は超えていて、直すところもたくさん。
時間もかかるので、仕事を回すためにも代車を用意してもらいました。
      
        


けど、私って不器用だから、代車が乗りこなせないのです。

ほんとうに一つ覚えたらそれが精一杯、とくに機械関係は全くダメです。

今まではスパシオのちょっと前の型などを用意してくれていたので何とか助かったてたのですが、
今回はプリウスが用意されていました。

きゃーΣ(゚∀゚ノ)ノ・・・ギアが座席の前でボタン?あれー、なんかわからない〜。
もう大パニックです。
それでもあの時期まだ母親の入院で、毎日病院通いしていたので、怖くてもやるしかない!

苦手なことにこうやって、やるしかない!って向かっていったことはかつてはあまりありません。

特に小さな頃は苦手ばかりで、怖くて怖くて泣いてばかり。
鉄棒怖い、ジャングルジム怖い、ブランコこわい、滑り台こわい・・・、
泥んこ気持ち悪い、海もプールもこわい、お友だちこわい・・・。

いったいなにで誰とどうやって遊ぶんだか〜(^_^;)、これじゃあ遊べないわけですよ。

怖いものは避けて、・・・怖い人も避けて、ほんの一握りの空間でちんまり、ぽけーっとしていました。

なんで避けてばかりいたか・・・。
たぶん、変化することが怖いから。
変わっていくと、また新しいことに対応しなくちゃいけなくて、せっかく慣れたことからゼロの自分にもどるのがみっともないというか、恥ずかしいというか、不安というか・・・。

お片づけだって、知識だって、古いものは見切りをつけてまた新しく入れていくとうまく循環していけます・・・私のタイプは貯めこんで貯めこんで満腹になって慣れ親しんで安心していくのが好きなようです。

だから、特に小さな頃は
苦手はとことんやりたくなくて、気の合わない人とは会話もしないし、目も合わせなかった、
今思うと、とても嫌なヤツでしたね。


でも、プリウスにきゃ〜きゃ〜言いながら乗っていたら、なんと、ある時点で、吹っ切れたのです。

怖い、嫌だ、わけわから〜ん・・・が、あれ?ひょっとしたら面白いかも・・・って。

要は私、食わず嫌いだったのですね。


今、保育のなかではよく、
        「 一度試してみたら?」
        「やってみたら楽しいかもよ・・・」って子どもに声かけします。

それはそのまんま、私への苦言かな。あんまり考え過ぎないのが一番かもね。



個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→


スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記

web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)