この記事のみを表示する妙な実感

小さい頃のわたし

のりぴーです。
この2,3日疲れてて
ぐ〜っすりと眠って眠って、目覚めたらお昼〜(^_^;)

そう、今日は夏休みに入ってお休みなのです。バンザーイ\(^o^)/


なんだか最近、私のことではない周りの方がざわついていて、
なんとなく自分軸を脅かされそうというか、負のエネルギーに支配されそうというか…
嫌ではないけれど、うん、ここは踏ん張って自分のテリトリーをしっかり明るく照らしていこう!
などと心とカラダが動いていたようです。

結果は着々とそれぞれの方はいい方向に向かっていっています。

そんなざわつきのなかでも私は頑張った。
まなゆいモニターさんを2人セッションしたのです。

私は私で相手の方にエネルギーを送って・・・。


それぞれの方からの学びももらえました。

そんなこんなと忙しい中、娘たちからは電話相談、
昔の知りあいからも同じ日に電話相談…。

旦那からも相談をうけ、あれれ、この2日間は一体何なんだー?

こんなに相談受けたらそりゃ心とカラダがつかれるわさー・・・っと今日きがつきました。

で・・・ブログにむかう時間もなかったのです。

いろんな相談で共通点は
人はとにかく人の目が気になるということ。
悩みも、
自分がどうのこうのというより、
人からどう見られるか、人からどう言われたかで自分がわからなくなるから起こる現象。

よく小さな子がなにしてもかわいくて見過ごせてしまう、その存在だけでこちらが受け取れるものがある。
まるごとの愛とでもいうのでしょうか。

小さな子はそのまるごとの愛をもらえるのが心地よくて、
自分をうけいれてくれるオトナにピッタンコとくっついていきます。
この人を見抜く能力の鋭いこと。
・・・自分を受け入れてくれる人をオトナはなかなか見つけられないようです。

けれど、発見しました。
自分軸でいる人は相手がどんな行動をとってもまあその人だわね・・・っと見過ごせる。
場合によってはちょっと変なことに気がついてくれる。
とことん話は聞いてくれる。

人は限りなくそんな相手を求めているのでしょう。

小さな頃の私にとってそんな存在は母親でした。
たくさーん話を聞いてくれてほんとうに嬉しかったです。

ある友人から言われました。
  「親に悩みなんか相談する子っているわけがない・・・。」

ほんとうにそうなのかな〜?

うちの子たちはいつも肝心な時に電話をくれます。
  すごく悲しかった時。
  すごく嬉しかった時。 
  重大な選択の時。

それぞれの親子のあり方があります。
親とうまくいかなかった人も、人生のどこかで大事な人に出会い、悩みを聞いてもらえれば癒されるはず。

パートナーとの間でうまくいかなくても、またいい出会いもある。

要はその時その時で自分軸にもどしてもらえる人に話を聞いてもらうことが大事なのかな?

それは◯◯大学の◯◯療法というすばらしいものではないけれど、
身近な人でも気軽にできること。

今回私はモニターさん以外にはあきらかなまな結は使いませんでした。
けれど、傾聴はしっかり心をこめてさせてもらいました。
そしてあなたはあなたでいいよーってエネルギーも送りました。

これは目に見えにけれど、結構相手には伝わっているのだなあ〜っと妙な実感です。

この2日間、エネルギー使い果たしていたのでしょう。
ちょっとぼーっとしました。

けれどもう大丈夫。


明日は保育のお仕事でキャンプ。
良いエネルギーが巡ってみんながキラキラ笑顔で終われること、
受け止め認め許し愛していまーす。

そして場を作っている私を受け止め認め許し愛していっぱい褒めてたのしみまーす。


個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)