この記事のみを表示する親に感謝

ちょっと大きくなったわたし

昼に高校野球にドップリひたり
引き続いているおかたづけに向かっていました。

そうしていると、本当にたくさんの時代を重ねて今の自分があるのだと
妙に納得します。

おかたづけ、とは自分に向かうことなのかなあー?

そんなことをあれこれ考えていたら

どんどんおかたづけはあとまわしになっていきました。

昔はこんなことしていたなー。あーこれが気に入ってだんだよね。

タイムトリップしすぎて結局、またもとの木阿弥。
いつもモードのダラダラおかたづけはちっともらちがあきません。

まあそんな日もたのしいけれど、ちゃんと終わるのか・・・ちょっぴり不安がよぎります。

それでも、なんとかなるのかなあーとも思えて、なんとも変な自信にびっくり。

そういえばあんなに人前が嫌いだった私が今は人前で歌って踊れる保育士さんをしているのですから

変われば変わるものです。

変わるきっかけは大学時代のサークルにあります。

大学は金銭的に親からの圧力もすごく、とにかく安い学費の国立にしか行けない状況でした。

だから、とにかく家から通えるところ・・・。本


・・・すべての私立に不合格でもう、家事手伝い確実と半ば人生を諦めていました。
(当時は女の子は浪人なんてありえない。四大に入りたいと言えば、嫁に行くのが遅くなると言われる時代)

合格発表はこわくて姉に見に行ってもらいました。

で、姉から電話があったのです。「合格してるよ、自分の目で見においで、待ってるから・・・」と。

自分の目で確認した頃にはもうだーれも周りにはいなくて、でも、大学の先生がなぜかでてきて、

私の合格を一緒に喜んでくれました。本当に嬉しかったのを思い出します。

それで、めでたく大学生になれ、当然安い学費は親がだしてくれて、私は目一杯青春時代を謳歌しました。

そのおかげで、人前で歌うこと、パートリーダーとして、みんなをまとめること、
自分の意見をちゃんと発現すること等など叩き込まれました。

ありがたき、大学時代です。

私にとっては、この大学にきていなかったら今のすべてが違うことになっていた・・・。

そう思うと、親に安い学費でないと大学は無理とハッキリつきつけられたことに感謝します。

人間、岸壁に立たされるとのんびりでも何とかなるのかもね。





個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)