猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する衝撃のあだ名(;・∀・)

小さい頃のわたし

今日はどうしてもなんだか眠くなって書けません。
・・・どうしたのかな?・・・久々に仕事の会議に出たからかもしれません。
今は楽しい夏休み中。
頭も身体も心もとってもフリーでフワフワしているので、仕事のことを考えたらちょっと疲れたかな(・_・)。

今日は子供の頃になんて呼ばれてたか・・・がお題です。

なんだったっけ。
小さな頃は名前そのものにちゃんづけ。
小学校に上がってからは、名前が似た人がクラスに3人はいて、
あだなで呼ばれました。
当時流行っていた「ノンちゃん雲に乗る」からとってのんちゃんが最初のあだ名。
つぎにノンノ。
しばらくそんな可愛いあだ名でよばれていたような。

けれど、小学校5年くらいから突然「ビーバー」となりました。
これは文字道理動物のビーバーに私の前歯が大きくて似ているということからつきました。
まあ、かわいいものです。

けれど・・・衝撃のあだながつきました。
中学2年の頃です。
・・・出っ歯・葉っぱ・ヨーロッパ・・・とある男の子が私のことを振り返って呼びました。
それからというもの、クラス中の子たちが私を見ては
「出っ歯・葉っぱ・ヨーロッパ・・・」と言いました。ながーいあだ名です。

はじめはビックリで返すことばもなくてノーコメント。
けれど、あまりにマジ顔でいわれると、ショックも通り越して笑うしかない。

当時仲の良かった女友だちがいっしょになって笑い飛ばしてくれたのでかえって勇気づけられました。
   (この友だちのことは以前にもこのブログにかくましたが・・・)
てなわけで、今思えば最も容姿を気にする自分とは何かと考えだす思春期に
なんと斬新なあだ名をつけてくれたものだと感謝しています。

そのあだ名のお陰で、暗かった私のイメージは吹っ飛び(自分で思ってただけかもね)
そのクラスの中だけでは、そして一緒に笑い飛ばしてくれた友人といればとにかく明るくなれた私でした。

けど、やっぱ、
そんなあだ名をかわいい女子につけるってどうよ!!
親からもブーイングきそうだし、やっぱ私、それを怒らなかったって変わってたよな〜(*^_^*)。

そういえば、実際に私はそんなに出っ歯ではありません。
ちょっと前歯がでかいのと、ちょっと飛び出てるだけ(笑)多分・・・。

私にそのあだ名を付けた男の子のほうがよっぽど出っ歯でした。
テレビ漫画の赤塚不二夫作「おそ松くん」に出てくるイヤミに似てたのです。
・・と思ってただけかな〜?確かみんなもそう言っていた。
イヤミの得意のことばが片足あげて片手あげて「シェー」と。これがめちゃめちゃ上手かったのです。
     イヤミ

当の本人にはとてもそのことは言えませんでしたが・・・(・_・)

そんなものなのでしょうね、あまりに似てる人には言いづらい。言ってしまったら彼が傷つくものね。

ということで私は彼のことばでうまくその場で遊ばさせてもらったようなものでした。

当時はうまく口にできなかったけれど、今のわたしは彼に言いたいな、明るさをありがとう。
おそ松くん



個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→


スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記

web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)