猫とワタシ

和みtime♥  〜そろそろ自分のために歩も♪〜

子育て一段落noripi、第二の人生とは?

この記事のみを表示する誰かがなんとかしてくれると思っていませんか?

子育て中のママたち

今日も引き続きママたちのお話。

ママたちはいつも一生懸命。
なのになんだかうまくいかない。
子どもがちっとも言うことを聞かない・・・。
丁寧に話しているのに・・・(^_^;)

そんな場面よく見かけます。

上手くいかない時・・・。

どこかで子どもさんの言うことに面倒くさいな~って思っていませんか?

誰かが何とかしてくれると思っていませんか?

・・・結局、わが子のことは親が向き合うしかないのです。
そして、ある年齢が過ぎたら、子ども自身が自分でジブンに向き合うしかないのです。

このあたりをちょっと他人任せにしていると、ある日、足元をすくわれる思いをします。

向き合うことから逃げれば逃げるほど、より大きな問題として目の前に現れてきます。

今日、保育で山登りの最中にこんなことがありました。

ある親子が下山の途中でバトルをくりひろげて、にっちもさっちもいかなくなりました。
仕方ないので、他のみんなは先に下山してもらい、私はその親子と付き合うことにしました。

子どもさんの言い分。「ママが僕の先を歩いたから謝れ!」
ママの言い分「先に通るねって言ったよ。聞こえなかった?」

この押し問答。
いくら言い合ってもらちがあきません。
多分、子どもさんは山登りで疲れきってママに八つ当たりしているのでしょう。
ママは謝れと言われて、一瞬謝りそうになっていました。
・・・待ったー!
ママはなんにも悪くないのに、この場をなんとか過ごすために子どもさんに謝ろうとしています。
それでは子どもさんの言うなりです。
年長児ともなれば、少ししんどくても踏ん張る力をもってほしいものです。
ここで、ママが折れて謝ったら今後すべて子どもさんの言うなりになってしまいます。
ママ踏ん張りどころだよ!
今まで、なかなかピシっと我が子に叱れなかったというこのママ。
けれど、今回、このママはおよそ30分頑張りました。
「・・・ここで私が面倒くさくて逃げるからいつもいけないのですよね。」
「お母さんはなにも悪いことはしていないよ。こんな山の中でゴチャゴチャいうなら置いていきます」
っとピシっと一言を取り下げませんでした。

そしたら、子どもさんのほうが折れました・・・。

大事なことです。こんな山の中でゴネゴネは命とりになりかねません。

子どもは親が真剣に思いを伝えればちゃんとわかります。

していいことと悪いこと、親の背中を見て覚えていくのです。

だから、子どもさんにはしっかりと生き様を見せてあげてほしい。
大きなことでなくていいです。
ママの思いをI(私)メッセージで(愛メッセージで・・・。)・・・お母さんは〇〇と思うよ・・・と。

守れるかどうかはチョッピリ時間もかかるけれど、気持ちは伝わります。

そうして、ママの後をドンドンついて下山した二人。
爽やかな笑顔に戻っていました。

良かったね。ママも、子どもさんもよく頑張ったね。
お団子

みんなで食べたご褒美のお団子の味は格別でした。





まなゆい個人セッション・1dayセミナー申し込みについてはこちらから→





スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)