この記事のみを表示するそろそろ薬に頼らないライフスタイル・思考転換の時期

わたしのあれこれ

 ロサンゼルスで学んだこと。

私には天と地がひっくり返るくらいの大きな衝撃。


アナハイムホテルより 


人はどんどん進化している。

医学も科学も進歩し、

本当に必要なことと不必要なことが解明されている。



私利私欲のためになされることは、

そのうちに淘汰されていく。



そして、

病気を治すための心と体を司るのは

医者ではなく自分自身なのだと。

今までの医学ってなんだたんだろうね。

薬ってなんだったんだろうね。



どうやら、全ての病気は自分で治す時代になってきたようだ。



そのカギを握るのは、食べるもの。

体を作る食べ物と、私たちの生き方=ライフスタイルや思考が

全ての病気を作っている。




だから、薬に頼らないことへ思考転換、ライフスタイル転換の時期。



わたしもそのスタイルに徐々にシフト中。




新月になるから宣言しときます。

わたしは、学んできたことをベースに

たくさんの人たちが健康で幸せな毎日が送れるように

心と体と食をサポートしています。

そして、わたしも皆さんも笑顔でいる姿がよく見えます。




詳しくは、また。






web拍手 by FC2

この記事のみを表示する私の血となり肉となっていること。

わたしのあれこれ

まなゆいインストラクターの のりピーです。

昨日はまなゆいはじめましてではなく、

急遽ご要望に応じて別の講座をさせていただきました。

「私と子ども」「私とパートナー」の二本立て。

今まで体験してきたことを

世の中の動きと絡めて私なりに内容を組み立てお話させてもらいました。

その機会をくださった
トコさん、感謝でいっぱいです。

    
IMG_6885_convert_20160630180348.jpg


この講座をさせてもらいあらためて思いました。

私の得意分野は昔の職業柄・・・子どもや人の発達に関して。

とくに、軽度発達障害にうんぬんにはかなり詳しいと思います。(手前味噌ですが)

さらに・・・病気について。

看護師とし、人の生誕から天に召されるまでの様々な体験。

重症心身障害児のご家族とのふれあい。

訪問看護師とし、在宅での寝たきりの方のケア。

自主保育で健常の子どもの保育の実際。


そして、わが子たちのいじめ体験からの学び。

そして、

戦時中に二度も地震を経験し、名古屋の大空襲

さらに伊勢湾台風を経験した両親からの教え。


これら全てが私の血となり肉となっているのだな〜っと。




そこから、人のしあわせ。

人の生きる目的。

いろんな角度から考えています。



世の中の大勢にながされていては、本当に大事なことが見えなくなる。

一人ひとりが感じることからまず第一歩。



身近な人間関係から仕事のあり方、生き方までも変化させてくれる《まなゆい》



ぜひ興味のある方、ご連絡下さい。



次回まなゆいはじめまして
     7月13日10時〜12時

まなゆい夏フェスin名古屋
     7月18日10時〜15:30
     7月19日10時〜15:30



上記の講座
「私と子ども」「私とパートナー」もお二人集まれば開催します。
お問い合わせ下さい。


じっくりご自分のことに向かいたいときは個人セッションがおすすめです。
対面がおすすめですが、Skype・LINEでもできます。

お問い合わせ下さい。

まなゆい個人セッションご希望の方はコチラから





web拍手 by FC2

この記事のみを表示するより良い方向をみんなで一緒に探していくことが、今私のできること

わたしのあれこれ

大好きな緑地公園が大きく変わろうとしています。
      IMG_5363_convert_20150729233715.jpg

娘たちと20年まえから一緒に歩いて通った公園の雑木林。
そこは、私のホームページトップ画像にも使っている♥の入り口の雑木林です。
       
     manayu-enter-white_convert_20151030011554.png

県の方針により、
いつも行き帰りに使っていた獣道のある雑木林が
来年夏から民間委託されて恐竜テーマパークとなります。

そうなると、一般の人はこの雑木林に入ることができなくなります。
そして、年間10万人の利用者で1億3000万円の収益源となるそうです。

今、雑木林自体は朽ちた巨木も多くなりました。
それでも子どもたちはその巨木を恐竜に見立てては大はしゃぎ。

時には大きな船や電車に見立て、またがったり上に乗って運転手さん。
変わった形の朽ちた樹の枝は魔法の杖になったり携帯電話になったり・・・。

大人にとっては本の2〜3分の山登り。
でもそこを通り抜ければ別世界。

大若草山の見渡す限りの芝生と広い青空と豊かな木々。
小鳥のさえずりが朝日に心地よく、心あらわれるのです。

あ〜、今日もここに来られてよかった〜。

次女を背負って片手に重い荷物、
もう一方には長女をつれ、毎朝そう思いました。
もう20年も前のことですが、今も鮮明に思い出されます。

名古屋の中のこんな大自然に私たち親子はどれだけ救われたか・・・。


次女がいじめで病気になった日、ここでのんびり空を見ました。
長女がパワハラで動けなくなった日、ここで一緒に寝転びました。
私の父がなくなった日も、母がなくなった日も、ここを訪れ、ぼんやりしました。

ホントに
自然には、なんでもつつみこんでくれる暖かさがあるんですよね。

静かな、ただそこにあるだけの自然。

その恩恵にあらためて感謝するとともに、
物言えないい自然たちに人間ができることって何なのかな〜って
この数日間ず〜っと考えています。

大好きな緑地の自然と開発、なんとか共存していけないかな〜。
 
        IMG_6482.jpg

まなゆいで出てきた答えはは
直感にしたがって今できることを精一杯するのみ・・・と。

心あるかたと手をつなぎあい、
語り合い、
より良い方向を一緒に探していくこと。それが、今私のできること。


そして、自主保育の素敵な若いママたちに
日々励まされているこの頃です。


大高緑地の今回の恐竜テーマパーク設立に対して
もし、署名などご協力していただけるかたがいましたら、遠方でもかまいませんので、
下記メールまでご連絡をお願いします。

noritkg789@gmail.com



次回セミナーは11月14日土曜日
私ストーリーと題し、私の歴史を紐解いていきます。

もちろん、まなゆいも使います。

ご興味のある方はコチラを
web拍手 by FC2

この記事のみを表示する今日は立春だから宣言しま〜す。

わたしのあれこれ

麻ちゃんのボイス講座に参加してきました。
ホントは先週も行きたかったけれど、体が悲鳴をあげていたのでおやすみ。
そして、なんだか、寝込んで毒を出せた体で
ボケらとしながら講座を受けました。
えーっと前、一回目はなにしたっけ?
と考えているうちに
新庄先生の愛ある暖かなマッサージ(^_^;)
思わず、痛い〜っと叫びたくなりつつも今回は特別バージョン。
肩こりが、ちょっと軽くなりました。
で、ストレッチ各種。
私、かなり肩関節やら首やら背中やら凝っています。
これは、リラ~ックスと息を吐きながら、やりました。
ストレッチは・・・拷問と思ってたけれど、動かしてみると案外気持ちいいもので。

で、声帯のリラックスして、
メチャ低い声から響きを上げて・・・あれ?
声が出しやすい。
キンキン声でなくて喉も痛くない。

ちょっと優しいいい声かも?
声を出すこと、ジブンを表現することメチャメチャ苦手な私。
あけっぴろげになれない声の小ささが昔からコンプレックスだった。
でも、この声なら、いい感じ(*^_^*)

同じ参加者さまより、暖かいお褒めの言葉もいただき、嬉し〜い(*^_^*)

インフルエンザのあと、じつは声の出し方、辛くって仕方がなかった。
この感覚で子どもたちに本を読んだら素敵かも。

卒園式の演目の語りと歌、ちょっと楽しいかも。

明日さっそく子どもたちと声を出してみよっと。
ストレスなく声が出せるって
それも、ちゃんと届く、響きのある声をだせるって
なんだかワクワクするね。

今日は立春だから、もう0時回っちゃったけど(^_^;)
宣言しま〜す。

    満月


私、自由にありのままの私を表現することを楽しんでいるジブンを受け入れ認め許し愛しています。
そして、私の周りは笑顔であふれた人たちがいっぱいになっている、
そんな場を作っていることがよ〜くみえま〜す。

私は笑顔あふれる子どもたち・大人たちの輪をつなげている存在で〜す。


こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→



web拍手 by FC2

この記事のみを表示する麻ちゃん・新庄先生、ありがとうございました。

わたしのあれこれ

麻ちゃんのこころざしボイス2回めに先日参加してきました。
     
    こころざしボイス2回め



前回同様、し〜かりと首と肩甲骨まわりのマッサージやストレッチを行い、
なおかつ体幹をしっかりとひねってストレッチ。

私はすべての筋肉がガチガチで・・・いた〜い(^_^;)。
わ〜、もうだめ〜、わあ〜・・・(いたい)、
悲鳴を上げながら痛いのことばをのみこんで体操をしました。

・・・ダメ〜っと思っていても、意外と人間の体は伸びるものなのですね・・・。
周りの方にはとてもおよびませんが、私なりに最高に首も肩も背中、脇腹・・・スッキリ感。

さて、声をやっとだして〜。あれ?出しやすい。
低音がはっきりだせて、喉が楽♫

その日はなかなか言うことが入っていかない子どもたちに何度も大きな声で話していたので
声帯がお疲れでガラガラ声でした。

けれど、ガラガラではなく、ちょっとしっかりと芯のある声。
こんな声で自然に話せば、子どもたちもよく聞こえるはず。



ということで、今日も保育で試してみました。
雨に一日中お部屋に缶詰状態の40人〜50人近くの子どもたちに大人・・・。
とにかくたくさんの人の声で、わけがわからない状態。

けれども無理せずに肩甲骨から声をあちらに飛ばして・・・。
・・・なかなか太くてよくきこえるじゃないか、私。
喉も首周りちっとも苦しくなくて、歌だって低音から高音まで歌いやすかった。


麻ちゃん新生先生、ありがとうございました。

こんな私からセッションを受けたい方はこちらから→
web拍手 by FC2